ヨダレが止まらない!『シスター 夏のわかれ道』湯気立つ四川料理が食欲をそそる本編映像が到着!陳建一とコラボメニュー発売も!

(C) 2021 Shanghai Lian Ray Pictures Co.,Ltd. All Rights Reserved
11月10日(木)

中国全土を巻き込む社会現象となった『シスター 夏のわかれ道』より、四川料理が美味しそうな本編映像が解禁された。

看護師として働くアン・ランは、医者になるために北京の大学院進学を目指していた。ある日、疎遠だった両親を交通事故で失い、見知らぬ6歳の弟・ズーハンが突然現れるー。養子先が見つかるまで仕方なく面倒を見始めるが、次第に弟を思いやる気持ちが芽生え、彼女の固い決意が揺らぎ始めていく…。自分の人生か、姉として生きるか。迷いながらも踏み出した、未来への一歩とはー。


公開された本編映像は、アン・ランが恋人宅に招かれ食卓を囲むシーン。唐辛子や生姜と炒めた湯気立つ四川料理が振る舞われ、歓迎されるなか、アン・ランの意思そっちのけで、恋人の家族は結婚の話を勝手に進め始める…。北京に行って医者になるという夢を叶えたいアン・ラン。ぎこちない笑顔を浮かべ、うつむきながら居心地の悪さを感じている様子が映し出されている。

『シスター 夏のわかれ道』本編映像

唐辛子や花椒などの香辛料を使い、シビれる辛さがクセになる四川料理。肉まんや麺類、映画を彩る美味しそうな料理にも注目だ。


先日の試写会では「ラストに号泣した」「揺れ動く葛藤と感情の演技に胸を打たれた」と共感の感動の声が爆発し、文部科学省選定教育映画(成人向き)にも選定され、日本で早くも高い評価を得ている。

さらに、本作の公開を記念し、四川飯店とのコラボメニュー「四川家庭料理の絶品メニュー」の限定販売が決定した。フジテレビ「料理の鉄人」で 、“中華の鉄人”としてその名を轟かせ、NHK「きょうの料理」の講師など多数のメディアで活躍中の陳建一さん。そんな“四川料理のレジェンド”がプロデュースし、コラボメニューの発売が決定。四川省では家庭料理として知られる、豚肉のスパイシー炒め (魚香肉絲)、四川本場風ホイコーロー (蒜苗回鍋肉)、大根と人参のやわらか煮込(三下鍋)が、11/25(木)~12/11(日)の期間限定で、四川飯店日本橋店・四川飯店池袋店の2店舗で単品で発売。

▼豚肉のスパイシー炒め

▼四川本場風ホイコーロー

▼大根と人参のやわらか煮込(三下鍋)

同期間、四川飯店赤坂本店とスーツァンレストラン陳 渋谷店では、上記メニューを含んだコース料理を発売する。陳建一は料理に込めた思いについて「四川省では誰もが知っている、家族揃って食卓を囲みながら食べる愛情あふれる家庭料理。日本における四川料理の父と言われた先代の陳建民も大好きだった料理をぜひご賞味ください。」と語る。


姉弟の揺れる絆を描いた本作から着想を得て、テーブルを囲み愛情と絆を育むのにぴったりなコース料理が誕生した!映画の鑑賞とあわせて、滋味豊かな逸品をお楽しみください。


11月25日(金) 新宿ピカデリー ヒューマントラストシネマ有楽町、シネ・リーブル池袋ほか全国公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP