母と娘の180度食い違う証言…『母性』これが一つの同じ出来事!? TV SPOT「証言篇」解禁!!

(C)2022映画「母性」製作委員会
11月2日(水)

累計発行部数120万部を突破した湊かなえ『母性』の映画化より、母と娘の“180度食い違う証言”を収めたTV SPOT「証言篇」が到着した。

第41回バンクーバー国際映画祭にて正式招待作品としてワールドプレミアを行った後、第35回東京国際映画祭ではガラ・セレクション部門作品として招待され、華々しくレッドカーペットや会見を飾った。登壇した戸田と永野に対して「去年警察官(ハコヅメ)やっていた人たちとは思えない!本当に美しすぎる」「全てが美で溢れていて本当に素敵!」とSNS上でも大きな注目を集めた本作。


今回解禁となったのは、母・ルミ子と娘・清佳の“180度食い違う証言”を収めたTV SPOT「証言篇」。言葉とは裏腹に、ルミ子が清佳を抱きしめる姿が映されるが、直後に一転して、清佳の首を絞める姿に切り替わる衝撃のカットが映る。同じ時・同じ出来事を回想しているはずなのに、2人の話は次第に食い違っていく…一体何故?隠された“真相”への謎が深まる映像に仕上がっている。

『母性』15秒スポット(証言編)

戸田恵梨香は自身が演じる母・ルミ子を“箱の中に入っている人”と称して、「本当は箱の中に入っていなくてよいのに、自ら入ることを選択しているんです。むしろ入りたがっていて、その箱の狭さに気付いていない。それが時には彼女にとって居心地が良いのだけれど、時に自分を追い込んでしまっています」と表現。一方、永野は自身が演じる娘・清佳について「日々、目の前で起こる出来事に怖さを感じたり、対応しながらも傷ついているんです。いろんなことを抱えていて、観る方によっては気の強い人に見えると思いますが、本来の自分を隠すためでもあります」と明かす。すれ違い、もがき苦しんでいる、娘を愛せない母と母に愛されたい娘。戸田と永野ともに一筋縄ではいかないキャラクターへの理解を示し、見事に複雑で繊細な役を体現している。


また、戸田は「母と娘の視点が交わって、果たして何が真実なのかぜひ見極めていただけたらと思います。深く考えさせてくれる作品になっています」と、永野は「この作品は、世代によって受け取り方もきっと変わってくると思いますし、何か届くものがあると思います」とそれぞれ本作の見どころを語り、母と娘として対峙する戸田と永野の熱演に期待が高まる。母と娘の“180度食い違う証言”…その真相はぜひ劇場で!

11月23日(水・祝)全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP