規格外のパワーで縦横無尽に暴れ回る、最恐の“破壊神”降臨!『ブラックアダム』日本オリジナル予告編が解禁!

(C) 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics
10月27日(木)

最“恐”のアンチヒーローが大暴れするアクション超大作『ブラックアダム』より、アクションシーン満載の日本オリジナル予告編が到着した。

『THE BATMAN−ザ・バットマン−』(22)、『ジョーカー』(19)など数々の大ヒット作を生み出してきたDC。本作は、ド派手なアクション超大作「ワイルド・スピード」シリーズや『ジュマンジ』シリーズのヒット、そしてNetflix のアクション超大作『レッド・ノーティス』などで知られ、その一挙手一投足が世界中から注目される俳優ドウェイン・ジョンソンがタッグを組む最新作だ。


予告編では、「目覚めさせたのは誰だ」という声と共に宙を舞って登場するブラックアダム。登場からすぐに手を叩き、敵陣が一発で撃破――息子の命と引き換えに最“恐”の破壊神となったことが明かされる。復讐心を胸に縦横無尽に暴れまわるブラックアダムの前に立ちはだかる、「世界の危機だ」と〈世界の平和を守るヒーロー軍団〉JSA ことジャスティス・ソサイエティ・オブ・アメリカのメンバー達の迫力満点のアクションシーンが収められている。

『ブラックアダム』日本オリジナル予告編

JSA のメンバーは、「我々はヒーローだ」と宣言する[空の王者ホークマン]、「未来はまだ変えられる」と静かに語る[未来が見える魔術師ドクター・フェイト]、「高くて怖いよ」と弱気な一面を見せる[巨大化する能力を持つルーキーのアトム・スマッシャー]、「彼は倒すしかない」とブラックアダムに立ち向かう[嵐を操る天才サイクロン]の4人。「ヒーローは誰も殺さない」と言う正義感溢れるホークマンに対し「俺は殺る」と堂々と宣言し、「破壊者か救世主か」というナレーションで締め括られ、DC“最恐”のアンチヒーローブラックアダムの行く末が気になる予告編となっている。圧倒的強さと規格外のパワーで全てをぶっ壊すブラックアダムとスーパーヒーロー軍団の一大バトルが今幕を開ける!


主人公ブラックアダムを演じるのは『ワイルド・スピード』『ジュマンジ』シリーズなど人気作への出演が続くスーパースター、“ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソン。正義感あふれるキャラクターや愛嬌ある役どころを演じることが多い彼が製作総指揮も兼任、ミステリアスなアンチヒーロー役で新境地を拓く。ドウェイン・ジョンソンは、本作への思いについて「子供の頃からコミック本が好きで、ブラックアダムが大好きだったんだ。その頃から強く惹かれていたんだけど、自分と似ている数少ないアンチヒーローだと感じていたんだよ。」と、ブラックアダムへの強い思いを告白した。

12月2日(金)全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP