ドウェイン・ジョンソン史上No.1オープニング記録!『ブラックアダム』US大ヒットスタート!5大都市に降臨するポスタービジュアルも到着!

(C) 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics
10月25日(火)

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』(22)、『ジョーカー』(19)など数々の大ヒット作を生み出してきたDCの最新作『ブラックアダム』。

日本の公開に先駆け10月21日(金)から全米ほか世界76カ国で待望の公開を迎え、初日3日間で全世界で約1億4,000万ドル(約208.5億円)、全米で約6,700万ドル(約99.7億円)を超える破壊的な数字を叩き出し、全米初登場No.1、さらにはほとんどの公開国でNo.1を記録し、大ヒットスタートとなった!(10/21-10/23:3日間/6700万ドル Box office mojo調べ。1ドル約148.86円※10/24時点)

本作の主人公は、5000年の眠りから覚めたブラックアダム。邪魔者全員をワンパンで制圧し、戦闘機でもお構いなしにぶっ壊す“規格外のパワー”を振りかざし大暴れ。そんなルール無用でやりたい放題のブラックアダムの前に、彼を危険視する〈世界を守るヒーロー軍団“JSA”〉が立ちはだかり、世界を救うつもりがないアンチヒーローとスーパーヒーローチームが激突する。
製作総指揮兼主演を務めるドウェイン・ジョンソンは「ブラックアダムがDCのすべてを変える」と、DCユニバースにおける本作の重要性を語っているが、そんな〈DC映画の大本命〉に相応しいオープニング結果となった!
映画批評サイトRotten Tomatoesでも90%の評価を獲得し、DC作品最高数値を記録!さらに「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」をも超え、主演・製作総指揮を務めたドウェイン・ジョンソン史上No.1のオープニング数字となり、ブラックアダムの勢いが止まらない!さらに、全米の各レビューサイト、映画情報誌でも、「2022年最高のスーパーヒーロー映画!」(NUKE THE FRIDGE)、「いま、一番必要なヒーロー」(DISHNATION誌)、「息をするのも忘れた」(KOALITION)、「とにかく素晴らしい」(FOX-TV)、「圧倒的にゲームチェンジャーだ」(SCREENRANT)と、ブラックアダムの規格外のパワーと暴君ぶりに絶賛の声が数多く集まっている。

堂々たる様子でブラックアダムが日本の5大都市(東京、大阪、名古屋、福岡、札幌)に降臨するポスタービジュアルが到着!

世界に続き、日本にも“ブラックアダム旋風”を巻き起こさんとする最“恐”ヒーローの風格を見せつけている。日本の公開まで約1か月と迫っているが、SNSでは「ブラックアダムカッコよすぎる!期待大!」「DCの殻を破る作品!絶対観る」「この映画最高の予感しかしない!」「公開まで待ちきれない」と、公開を待ち望むコメントで溢れている。

12月2日(金)全国ロードショー
吹替版同時上映 4D/Dolby Cinema™/IMAX(R)(一部劇場を除く)

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP