『土を喰らう十二ヵ月』沢田研二演じる主人公ツトムのオリジナル フレーム切手発売!

(C)2022『土を喰らう十二ヵ月』製作委員会
10月24日(月)

中江裕司監督最新作『土を喰らう十二ヵ月』の公開を記念して、郵便局及び「郵便局のネットショップ」にてオリジナル フレーム切手が発売されることが決定した。

長野の山荘で暮らす作家のツトム。山の実やきのこを採り、畑で育てた野菜を自ら料理し、季節の移ろいを感じながら原稿に向き合う日々を送っている。時折、編集者で恋人の真知子が、東京から訪ねてくる。食いしん坊の真知子と旬のものを料理して一緒に食べるのは、楽しく格別な時間。悠々自適に暮らすツトムだが、13年前に亡くした妻の遺骨を墓に納められずにいる…。
本作は、沢田研二主演、松たか子共演、さらに、料理研究家の土井善晴が初めて映画の料理に挑んだ、四季折々の食で綴る人生ドラマだ。


今回発売されるフレーム切手と大型ポストカードはセットで、作家ツトムの日常を5パターンデザイン。また、本作の関連の商品は完売、増刷が続く異例の売行きを見せている。※詳細は下記へ
オリジナル フレーム切手の売行きはどうなるのか?!

<オリジナル フレーム切手 概要>
商品名 :「映画公開記念 土を喰らう十二ヵ月」
商品内容 :フレーム切手 1シート(84円切手×5枚)
大型ポストカード(5種類×各1枚)
販売価格 :2500円(税込)
販売場所 :全国の郵便局44ヵ所、「郵便局のネットショップ」
発売日:2022年10月31日(月)

◆3/1「別冊太陽 土井善晴」発売 本作の料理を担当した土井善晴の仕事として本作の特集8ページを掲載。
→発売2日目に重版決定
◆3/25 ムビチケカード発売 ※掃除するツトムクリアファイル付き
→メイジャーサイトにて午前0時発売開始後、一時間で初回発売分を完売。新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座共にオープン後、午前中に完売。
◆6/5「おきなわいちば」発売 中江裕司監督のコラム連載コラムで本作のことを執筆。
→「おきなわいちば」オンラインショップで異例の完売。
◆6/10 原案本、水上勉著「土を喰う日々 ―わが精進十二ヵ月―」(新潮文庫)第二弾帯を配本
→昨年9月に映画公開を発表して以来、一番の売行きで増刷決定。9ヵ月で増刷は6回、2万8千部。
文庫刊行から40年、過去10年分と同じ売行きです。
◆9/31~ 松屋銀座「銀座・手仕事直売所」ECサイトにて特集ページを開設
→本作の関連商品のみが完売。送料を考慮して特製ポストカードプレゼント。
◆9/13~19 松屋銀座「銀座・手仕事直売所」にてコラボショップを開店、「ツトムの台所バナー」設置
→題字入り布巾200枚が30分で完売。関連書籍4冊が一週間で、売場とECサイト、予約で1000冊販売。
◆9/13先行発売「土を喰らう十二ヵ月」ノベライズ(朝日文庫刊)
→2週間で重版決定。映画公開前に増刷が決まることは非常にめずらしい。

11月11日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座他にて全国公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP