“線” で繋がったファンと共に映画公開直前の喜びを明かす!『線は、僕を描く』公開前夜祭オンラインイベントにキャスト・監督が登壇!

(C)砥上裕將/講談社 (C)2022映画「線は、僕を描く」製作委員会
10月21日(金)

映画『ちはやふる』シリーズ監督の小泉徳宏をはじめとする製作チームが再集結し、《白》と《黒》のみで描かれる“水墨画”を色鮮やかな世界としてまばゆいほど瑞々しく描き出している映画『線は、僕を描く』。本作の公開を前日に控えた10月20日(木)に』公開前夜祭オンラインイベントを実施!横浜流星、清原果耶、河合優実らの最旬豪華キャストが登場したほか、メガホンを取った小泉徳宏監督が集結し、“線”(オンライン)で繋がった国内外のファン総勢150名とともに、ついに公開を迎える喜びを分かち合った。

原作は2020年「本屋大賞」3位、2019年TBS「王様のブランチ」BOOK大賞を受賞した青春芸術小説「線は、僕を描く」(砥上裕將(とがみひろまさ)著/講談社文庫)。「命が芽吹く物語」、「青春って素晴らしい!」「まっすぐで、せつなくて、透き通るような喪失と再生の物語」と、全国の書店員から絶賛されている。『ちはやふる』を青春映画の金字塔に仕立て上げた小泉徳宏監督を筆頭にした製作チームが再結集、【かるた】の次は【水墨画】に挑戦する。

オンライン上に集まったファン150名に加え、盛り上がりを見せる国内外の各所へ“線”をつないだ公開前夜祭を敢行!横浜は「いよいよ明日公開を迎えて作品が皆さんの元に届きます。楽しみですね。一人でも多くの人に届けば嬉しいです。」と巨大な水墨画の世界に入り込んだかのような豪華な会場で、公開を前日に控えた緊張と喜びを明かした。


撮影当時の思い出を聞かれた清原は「5年前に小泉監督とご一緒しました。成長した姿をみせないと、と緊張していましたが楽しかったです。」と撮影を振り返ると、小泉監督は「成長した背中を見られて大満足です。すごく嬉しかったですね。」と清原の成長ぶりに太鼓判を押し、その言葉に清原は満面の笑みに。河合も「小泉監督のまっすぐな想いに全員がついていっている感じがしました。とても居心地の良い現場だったのを覚えています。(演じた役柄は)霜介を支える役割だなと感じていたので、とにかく明るく支える、というのを意識していました。」と役作りについてもコメント。


横浜は「河合さん演じる川岸と細田さん演じる古前は、霜介の辛い過去を知っているからこそフラットに接してくれて。現場でも、いい空気感で霜介としていられました。感謝しています。」と河合や細田が演じるキャラクターに救われていた撮影エピソードを披露した。横浜はというと「監督ともたくさん話し合いをして…でも自分も頑固だし、監督も頑固なので(笑)でも、それを受け止めてくれて霜介が出来上がっていきました。楽しかったです。」と冗談交じりに明かすと、小泉監督もすかさず「頑固と頑固。話が進まない(笑)」と横浜のコメントに応じ、熱い?ディスカッションが行われたらしい現場の思い出を明かして場内の笑いを誘っていた。


日本各地でも、公開前日の盛り上がりは最高潮で、原作の大ファンであり芳林堂書店高田馬場店で映画公開に合わせてコーナー展開を担当した書店員の方や、ロケ地となった滋賀県の多賀大社、東京都指定有形文化財「百段階段」で映画の特別企画を行っている目黒のホテル雅叙園東京などと、“線”を繋ぐ中継が行われた。作品のコーナーが展開されている書店が映ると、壁一面に張り巡らされたポスターの数々に、思わず小泉監督が「横浜くんがいっぱい!」と声を上げ、横浜も「ありがたいですね。見に行ってみたいです。」と笑顔に。ロケ地となった多賀大社の荘厳な雰囲気には、登壇者一同「おぉ!」と驚く様子が。横浜はこの地での撮影について「観てくれる方の心を掴む大事なシーンで使わせてもらったので、すごく印象に残ってます。」と思い出を明かした。さらに、水墨画の監修を務め、横浜、清原らにも熱心に水墨画指導を行った東雲先生が雅叙園との中継で画面に映し出されると、登壇者らは満面の笑顔に。東雲先生は「映画もスタッフもキャストも、みんな本当に素晴らしくて感銘を受けました。感動しましたね。」と作品の魅力を熱弁。清原は「水墨画の魅力が伝わったら…と心がけてもいたので、明日の公開が楽しみですね!」と東雲先生に公開の喜びを語りかける一幕も見られた。


さらに、繋がり続ける“線”は海を超えて世界へも!公開検討中の韓国に中継がつながると、配給を担当しているスタッフから「感動しました。色々な日本映画を観てきたけど水墨画をテーマにした作品は珍しいですね。繊細でパワフルな水墨画が描かれている作品だと思いました。」と本作公開への期待高まるコメントが。それに対し横浜は「“検討”ではなくぜひ“公開決定”してください!お願いします!!」と猛アピール。主演俳優自ら作品を海外に売り込んでいた。すでに公開が決定している台湾にも中継は繋がれ、共演している江口や三浦との撮影エピソードを明かし、日本のみならず、世界へ向けて続々と広がる“センボク熱”に“おめでとう!!”と配信コメントも盛り上がりを見せていた。


集まった登壇者らへの質問もリアルタイムで募集されていた本イベント。青春映画でもある本作にかけて、青春時代の思い出は?と聞かれると、清原は「中学生3年生の最後の体育祭にどうしても出たくて…リレーで走ってそのまま東京の仕事に向かったのが良い思い出です。1位でした!」とお茶目なエピソードを明かし、河合も「高校時代にダンスをしていたので、仲間と一緒に一つの事を作り上げていくのが青春の思い出です。」と学生時代のエピソードを披露するも、横浜と小泉監督は「今ですね」と同じ答えに。小泉監督が「映画作りって、それこそ体育祭で走ってるみたいな…」とコメントすると、横浜も「いつまでも青春できると思います」と続き、主演と監督として意気のあったタッグを見せていた。

最後に横浜は「いよいよ明日、映画が公開となります。僕らの手を離れて、作品が皆さんのものになっていくので、愛してくれたら嬉しいですし、霜介の変わっていく姿に何か感じてくれるといいなと思います。」とメッセージを贈り、大盛況の中配信イベントは終了した。


10月21日(金) ROADSHOW

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP