半世紀を超えるビー・ジーズのすべてがここに! 感涙必至の音楽ドキュメンタリー決定版『ビー・ジーズ 栄光の軌跡』本予告が完成!

(C)2022 by Paramount Pictures Corporation. All rights reserved. Rights Reserved.(C) 2020 Polygram Entertainment, LLC – All Rights Reserved.
10月20日(木)

“人生のサウンドトラック”ともいえる名曲の数々に感涙必至。全世界で2億枚以上のアルバムセールスを誇るバンド「ビー・ジーズ」。時代を疾走した楽曲と、彼らの人生を描き、ビー・ジーズのすべてを詰め込んだ感動の音楽ドキュメンタリー『ビー・ジーズ 栄光の軌跡』より、ノエル・ギャラガー(オアシス)、ジャスティン・ティンバーレイクらも登場し、見どころ満載の2分16秒の予告編が解禁となった。


世界で最もエキサイティングなサウンドと絶賛され、音楽界の頂点を極めたビー・ジーズの名曲「ステイン・アライブ」で幕をあける予告編は、何万人もの観客の前に登場し、当時最高のアルバムセールスを記録した『サタデー・ナイト・フィーバー』のサウンドトラックアルバムが紹介される。「成功は人生を変えた?」という問いに、ロビンが「友だちが靴を磨いてくれた」とジョークを飛ばす。

バリー、ロビン、モーリスのギブ3兄弟はいつも一緒だった。驚異のファルセットヴォイスで歌うビー・ジーズを敬愛するオアシスのノエル・ギャラガーは「兄弟の歌声は誰にも買えない楽器だ」と讃える。兄弟で活動するジョナス・ブラザーズのニックは、「兄弟で組むのは難しい」という。60年代当時、大ヒットを連発し人気絶頂にあったビー・ジーズだが、それぞれに孤立を深め解散に追い込まれた。


バリーは「兄弟でなければ再結成はなかった。互いに悔やんでいた」と述懐する。再結成後の新たな活動はマイアミでレコーディングに臨んだことで大きく動き出す。新しいサウンドとイメージを求め、「恋のナイト・フィーバー」ではドラムスを収録したテープをループする初めての試みで大ヒットを生み、全世界で“フィーバー現象”が巻き起こった。ジャスティン・ティンバーレイクは、「サビのフレーズは普通なら金管楽器だけど、彼らはめっちゃクールに歌ってみせた」と、ビー・ジーズの驚異の歌声に魅了された。

『ビー・ジーズ 栄光の軌跡』予告編

「有名になればなるだけ批判も受ける」と指摘するのは、自らも炎上体験のあるコールドプレイのクリス・マーティンだ。トップテンに5曲ランクイン、ラジオ局は昼夜を問わずに彼らの曲を流し続けた。DJのチャーリー・スナイターは「正直ウンザリした!」という。折からのディスコ・バッシング、その象徴にされたビー・ジーズは頂点からどん底へと突き落とされてしまう。「ファンの愛情は移ろいやすいと思い知った。ラジオから締め出されても作曲の道があった」と語るバリーは、ロビン、モーリスとともにバーブラ・ストライサンド、ディオンヌ・ワーウィック、ダイアナ・ロス、セリーヌ・ディオンら錚々たるアーティストに楽曲を提供、次々とヒット曲を生み出していく。「どんな苦難にも負けずに兄弟でやり遂げた」---バリー・ギブが語る通り、60年代から半世紀以上の歳月、変化し続ける時代を生き抜いたビー・ジーズの軌跡、今そのすべてが明らかになる。


また、『ビー・ジーズ 栄光の軌跡』の日本公開を記念して、「BS10 スターチャンネル」では、『サタデー・ナイト・フィーバー』の続編にして、楽曲として大ヒットを記録した『ステイン・アライブ』(1977)、歴史に名を残すアーティストたちの軌跡を描いた音楽ドキュメンタリー作品の特別放送が決定した。


11月25日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP