全世界で社会現象を生んだ『ブラックパンサー』待望の続編!『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』想いを受け継ぐ主要キャラクターの声優陣続投決定!

(C)Marvel Studios 2022
10月14日(金)

全世界歴代興行収入No.1を記録した『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)をはじめ、日本でも大ヒットを記録した『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』など、観客を熱狂の渦に巻き込み続けているマーベル・スタジオが贈る最新作『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』。主要キャラクターを演じる豪華日本語版声優陣の続投が決定し、それぞれが担当するキャラクターポスターと合わせて解禁となった。

本作の舞台は、偉大な王であり、ヒーロー/ブラックパンサーであるティ・チャラを失ったワカンダ。国王が不在となったワカンダの元に、<海の帝国>の脅威が迫る……。ティ・チャラの妹で、超文明国ワカンダの技術開発を担うほどの天才科学者シュリ役は、ももいろクローバーZ・百田夏菜子が引き続き担当。百田は、本作に向けて「(収録の際は)なるべくシュリの想いや、演じられているレティーシャさんの想いをイメージしながら、声を通じて表現できるように意識しました」と、意気込みを語る。前作の公開時ティ・チャラ役を演じた故チャドウィック・ボーズマンとイベントで接する機会があったという百田は、「“お兄ちゃん”の様な存在だと思っていたチャドウィック・ボーズマンさんが亡くなったというショッキングなニュースもあって、どんな作品になっているのか全く想像ができなかったのですが、スタッフの方々も色々な想いがあってこの作品を作り上げていると思うので、こうやって新しい作品が届けられるということは、チャドウィックさんもきっと喜んでいるんじゃないかなと思います。私も彼が大事にしているこの作品に携わらせてもらっているので、全力を注ぎたいと思います!」と本作への熱い想いを綴った。
亡きティ・チャラ支えた幼馴染で元恋人の女スパイ、ナキア役には皆川純子。ワカンダ国王を守る親衛隊ドーラ・ミラージュの隊長にしてワカンダ最強の戦士オコエ役を斎賀みつき。予告編でもその存在感を発揮していたティ・チャラの母であり先代の国王ティ・チャカの妻ラモンダ役を幸田直子。当初はティ・チャラとも対立していたが、その後彼を力強くサポートしていたワカンダの山奥に住むジャバリ族の長、エムバク役には木村昴。前作で、ワカンダ人ではないものの、ティ・チャラ達と共にワカンダの為に戦ったCIAエージェント、エヴェレット・ロス役には、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』から同役を演じる声優・森川智之。という人気・実力共に折り紙付きの豪華声優陣が再び、ワカンダにとって重要なキャラクター達を演じることとなる。
ティ・チャラと特に親しい仲でもあったナキアを再び演じる皆川は「続編製作のニュースを見てから約3年。この間にあったあまりに悲しい出来事。それを経ての今作。どんな物語になるのか、いちファンとして、前回ナキア役を吹替させていただいた役者として、非常に気になっておりました。今回もナキアの吹替を担当させていただくことになり、とても光栄に思っております。魂をこめて演じたいと思います。」と、ティ・チャラ亡き世界での物語への意気込みを熱く語ると、斎賀は「とうとう『ブラックパンサー』の続編が!しかもまたオコエさんに会える!素直に嬉しい気持ちでいっぱいです。『ブラックパンサー』の物語や登場人物は魅力的すぎるので、前作に続き今作もしっかりと心に残る作品になるだろうなと確信しています。ぜひ、公開日を楽しみに待っていてくださいね!」と、再びオコエ役を演じられることについての想いや本作への期待をコメント。ラモンダ役を務める幸田は「愛の深さと壮大なスケール、待ち焦がれたワカンダの世界へ戻る事が出来大変嬉しく幸せです。日本語版の皆様とご一緒に、全力で取り組んだこの美しく気高き愛の物語を、是非劇場で体感されます様、宜しくお願い申し上げます。」と、本作への並々ならぬ想いを表現した。さらに、エムバク役木村は、「映画ブラックパンサーには、なにか物語を超えた魂のようなものが宿っているように思えてきます。絶望の淵から這い上がり前進む人々の姿に、きっと見る者に生きる勇気を与えるそんな映画なのだと。我々も日本語で魂を込めて参りましたので、映画館で何か感じていただければ幸いです。」と、本作の魅力に加え、まさに精魂こめたという日本語版を猛アピール。エヴェレット・ロス役の森川は、「続編が決定してとてもうれしいです。悲しい出来事を乗り越えてのこの続編の決定は、きっと日本語版でも気合の入った素晴らしいものになるに違いありません。エヴェレット・ロスがどのように物語にかかわっていくのか楽しみです。ご期待ください!」と、本作への自信を覗かせた。

また、今回の日本版声優続投解禁に合わせて、それぞれ6人の日本版キャラクターポスターもお披露目!それぞれ陰影が施され、ティ・チャラを失った深い悲しみと共に、そこから立ち上がろうとする力強い決意も伝わってくるようなクール且つインパクトのあるビジュアルとなっている。本作でこの6人がどんな活躍をしてくれるのか注目必須だ。

<『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』日本版声優陣コメント全文>
◆百田夏菜子:シュリ役
「ブラックパンサー」シリーズは、特にティ・チャラを周りで支えていた女性キャラクター達が活躍する場面が多くて、そこが魅力的だと思います。今回またシュリを演じる機会をいただいて、すごくうれしい気持ちと、大役なので、(私で)大丈夫かなというドキドキする気持ちの両方がありました。ですが、今回もう一度シュリ役を担当させていただくので、なるべくシュリの想いや、演じられているレティーシャさんの想いというのをイメージしながら、声を通じて表現できるように意識しました。
今回の作品は、“お兄ちゃん”の様な存在だと思っていたチャドウィック・ボーズマンさんが亡くなったというショッキングなニュースもあって、どんな作品になっているのか全く想像ができなかったんですが、スタッフの方々も色々な想いがあってこの作品を作り上げていると思うので、こうやって新しい作品が届けられるということは、チャドウィックさんもきっと喜んでいるんじゃないかなと思います。私も彼が大事にしているこの作品に携わらせてもらっているので、全力を注ぎたいと思います!

◆皆川純子:ナキア役
続編製作のニュースを見てから約3年。この間にあったあまりに悲しい出来事。それを経ての今作。どんな物語になるのか、いちファンとして、前回ナキア役を吹替させていただいた役者として、非常に気になっておりました。今回もナキアの吹替を担当させていただくことになり、とても光栄に思っております。魂をこめて演じたいと思います。 ワカンダ・フォーエバー!

◆斎賀みつき:オコエ役
とうとう『ブラックパンサー』の続編が!しかもまたオコエさんに会える!素直に嬉しい気持ちでいっぱいです。どんなストーリーなんだろう。どんなアクションシーンが展開されるんだろう。ワクワクが止まりません。『ブラックパンサー』の物語や登場人物は魅力的すぎるので、前作に続き今作もしっかりと心に残る作品になるだろうなと確信しています。ぜひ、公開日を楽しみに待っていてくださいね!!

◆幸田直子:ラモンダ役
愛の深さと壮大なスケール、待ち焦がれたワカンダの世界へ戻る事が出来大変嬉しく幸せです。国と家族の再生に命懸けで邁進する、ラモンダ。その魂の叫びを吹き替えさせて頂けた事に深く感謝いたします。日本語版の皆様とご一緒に全力で取り組んだこの美しく気高き愛の物語を、是非劇場で体感されます様宜しくお願い申し上げます。
ワカンダそして、ティ・チャラ フォーエバー!

◆木村昴:エムバク役
続編に再び携わることが出来、心から嬉しく思います。映画ブラックパンサーには、なにか物語を超えた魂のようなものが宿っているように思えてきます。絶望の淵から這い上がり前進む人々の姿に、きっと見る者に生きる勇気を与えるそんな映画なのだと。我々も日本語で魂を込めて参りましたので、映画館で何か感じていただければ幸いです。ワカンダ・フォーエバー!!

◆森川智之:エヴェレット・ロス役
『ブラックパンサー』の続編が決定してとてもうれしいです。エヴェレット・ロスというキャラクターは前作で魅力を開花させたといっても過言ではないでしょう。悲しい出来事を乗り越えてのこの続編の決定は、きっと日本語版でも気合の入った素晴らしいものになるに違いありません。エヴェレット・ロスがどのように物語にかかわっていくのか楽しみです。ご期待ください!
「ブラックパンサー」フォーエバー!

2022年11月11日(金) 映画館にて公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP