ホラーが苦手なだけで観ないのは勿体ない!『カラダ探し』橋本・眞栄田・山本が、絶叫体験のポイントに迫る特別映像が解禁!

(C)2022「カラダ探し」製作委員会  
10月11日(火)

超刺激的ループ型ホラー『カラダ探し』より、橋本環奈、眞栄田郷敦、山本舞香の貴重なメイキングも織り交ぜた特別インタビュー映像が到着した。息つく間もない絶叫体験の連続に相応しく、ハイテンション・アクションの舞台裏も明らかとなった。

小説投稿サイト「エブリスタ」(旧・E★エブリスタ)で人気No.1の携帯小説として話題となり、2014年には村瀬克俊による漫画版が「少年ジャンプ+」(集英社)で連載され、累計閲覧数1億回を初めて突破。コミックスはシリーズ累計発行部数340万部を突破する、Z世代のバイブル的ホラー「カラダ探し」が待望の実写化。


先日行われたジャパンプレミアや試写会では、「ドキドキの連発!最後まで目が離せない!」「ずっとエモかった。ホラーなのに感動の号泣してしまう新感覚」「最高!しっかり怖いけど観ていて楽しい」「予想外の連続でジェットコースターみたい!」「ホラー苦手でも凄い楽しめた!笑いあり、青春あり!『IT/イット』みたいな感じ」など早くも劇場体験ループホラーへの感想コメントが続々と集まっており、壮絶なアクションホラーの中にエモーショナルな青春群像劇を巧みに織り込んだ演出に多くの観客が絶賛している。

『カラダ探し』インタビュー特別映像

解禁された映像では、橋本が自身の演じた明日香について「橋本環奈とは全然違うキャラクターで、感情が表に出ないので、今までで1番セリフ量が少なかったのですが、セリフがないからこそ伝えられる部分は意識していました」と語ると、山本から「急に明日香になる瞬間が本当にすごくて・・・」、眞栄田も「こっちがついていけない・・・」と橋本の演技を絶賛。


眞栄田も高広について、「人気もあって、格好良いキャラクターという、あんまり僕にない要素なので・・・」と話すと、すかさず2人から「ありますよ!」とツッコミが入る仲の良い場面も。山本は留美子について「私自身と似ていて共感できるところも多くて、役作りの部分はあんまりせず、元々(橋本)環奈とも仲良かったので、そこからみんなひっくるめてチームにしていく作戦でした!」とイベントなどで話題となっているキャスト同士の仲の良さについても触れている。


そして橋本は、「こんなにテンポ感よく殺されているの見て面白いって思えるのが不思議だと思います。殺されるのがわかっているのに面白いのがすごい!」と元々読んでいたという本作の魅力について言及。さらに劇中でも印象的な留美子がチェーンソーを振り回すシーンについて山本は「初めて持って、重いからめっちゃ大変だった!」と語りつつ、2人が好きだと言う留美子がチェーンソーを持ち「この雑巾野郎!」と叫ぶ本編も収められている。


最後に山本は、「スタッフ、キャスト一丸となって作って、本当に面白いと言える作品が完成したと思います」、眞栄田は「6人の心情がすごいリアルだと思っていて、ひとりひとりにフィーチャーして見るとホラーだけじゃない魅力がたくさんつまっています」、橋本は「ストーリー性が面白く、全部ひっくるめて楽しめる作品。ホラーが苦手なだけで見ないのは勿体ないと思います!」と本作のホラー×青春が合わさった他にはない魅力について言及している。人気・実力ともに今まさに大注目ともいえる若手キャストが勢揃いとなった映画『カラダ探し』。〈恐怖〉の先に〈爽快感〉も感じさせる全く新しい超刺激的ループ型ホラーの本作に期待だ。


10月14日(金)全国公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP