眞栄田郷敦が魅せるアトラクション体験に期待!!『カラダ探し』メイキングカット&撮影オフショット解禁!

(C)2022「カラダ探し」製作委員会  
9月30日(金)

Z世代のバイブル的ホラーの実写映画化『カラダ探し』より、主人公と共に脅威に立ち向かうキャラクター・伊勢高広を演じた眞栄田郷敦の貴重なメイキングカットが解禁、体験者のコメントが詰め込まれた30秒最新映像も公開となった。

原作は小説投稿サイト「エブリスタ」(旧・E★エブリスタ)で人気No.1の携帯小説として話題となり、2014年には村瀬克俊による漫画版が「少年ジャンプ+」(集英社)で連載され、累計閲覧数1億回を初めて突破。コミックスはシリーズ累計発行部数340万部を突破している。橋本環奈、眞栄田郷敦、山本舞香、神尾楓珠、醍醐虎汰朗、横田真悠ら、圧倒的な人気を博す若手キャストが集結した。

先日行われたジャパンプレミアや試写会では、「ドキドキの連発!最後まで目が離せない!」「ずっとエモかった。ホラーなのに感動の号泣してしまう新感覚」「最高!しっかり怖いけど観ていて楽しい」「予想外の連続でジェットコースターみたい!」「ホラー苦手でも凄い楽しめた!笑いあり、青春あり!『IT/イット』みたいな感じ」など早くも劇場体験ループホラーへの感想コメントが続々と集まっており、壮絶なアクションホラーの中にエモーショナルな青春群像劇を巧みに織り込んだ演出に多くの観客が絶賛!


2019年に俳優デビューして以降『小さな恋のうた』(19)、『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』(21)、『東京リベンジャーズ』(21)などの話題映画作品に立て続けに出演、現在飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍の場を広げる眞栄田郷敦。橋本との共演は『午前0時、キスしに来てよ』(19)以来となる眞栄田が本作で演じる伊勢高広は、主人公・明日香と同じ高校に通う幼馴染みであり、バスケが得意で男女問わず慕われているクラスの人気者という役どころ。既に解禁されている画像では、明日香の口元を手でふさぎ息をひそめる姿や、明日香と背中合わせに座り込み何かから隠れるカットなど“カラダ探し”に巻き込まれ“赤い人”の脅威に立ち向かう、緊張感が溢れながらも凛々しい表情を披露していた。


先日のジャパンプレミアでも、撮影期間中に浦西翔太役の醍醐虎汰朗とともにジムに通っていたことやご飯を1グラム単位で計量していたストイックなエピソードが飛び出した眞栄田だが、今回解禁されたメイキングカットやオフショットではそれらのエピソードも深く頷けるような鍛え上げられた肉体を駆使したバスケットゴールのリングを掴みダンクシュートを決めたまさにその瞬間という躍動感のある貴重なカットなど、これまでにはまだ見えていなかった高広の新たな魅力が垣間見えるカットの数々となっている。


バスケットボールのシーンの撮影に臨んだ眞栄田は「これまでも遊びでバスケをすることはありましたが、今回の高広はすごく上手い役でフリースローを決めるシーンもあったんです。ずっと練習していてもなかなか入らなかったのに、本番では一発で入ったんですよ!」と裏話を告白。しかし、「すごく練習したのに、それあまり使われていなくて…」と残念そうにコメント。とはいえ本編中では眞栄田の華麗なバスケットボールのプレイを堪能出来るシーンはもちろん残っているほか、赤い人の脅威に挑むシーンでは、息つく間もない怒涛のアクションが満載で、抜群の運動神経を数多く披露している。眞栄田のアクションシーンでは、「アクションも凄かった!郷敦が一手に引き受けていたんじゃないかってくらい」など本作のアトラクションホラー体験に絶賛の声が集まっている。


10月14日(金)全国公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP