『月の満ち欠け』有村架純&目黒蓮演じる【許されざる恋に落ちた恋人たち】 を捉えた新場面写真が解禁!

(C)2022「月の満ち欠け」製作委員会   
9月20日(火)

2017年に第157回直木賞を受賞し、累計発行部数56万部を超える佐藤正午によるベストセラー小説の映画化『月の満ち欠け』より、有村架純を中心とした4枚の写真が公開された。

本作は、現代を生きる、愛する妻子を亡くした男性・小山内と、27年前にある女性と許されざる恋をした男性・三角。無関係だった彼らの人生が、”瑠璃”という名の女性の存在で交錯する。これは、「愛する人にもう一度めぐり逢いたい」という想いが起こした”奇跡”が紡ぐ、数奇で壮大なラブストーリー。主人公・小山内堅には大泉洋。小山内の娘と同じ名前を持つ謎の女性、正木瑠璃には有村架純。正木瑠璃と許されざる恋に落ちる大学生・三角哲彦には、単独での映画出演は初となる、Snow Manの目黒蓮。小山内の妻・小山内梢には柴咲コウ。超豪華キャストが集結し、壮大な愛の物語を確かな演技力で彩る。


今回到着したのは、小山内の娘と同じ名前を持つ謎の女性、正木瑠璃(有村架純)を中心とした4枚の写真だ。レコードショップでバイトをする大学生・三角哲彦(目黒蓮)とビールを手に楽しそうに会話する姿を見せる一方、夫の正木竜之介(田中圭)と重苦しい空気のなか睨み合う様子も見受けられる。対照的な2つの場面は、秘密めいた物語を予感させる。


また、穏やかな表情で何者かを見つめる瑠璃の姿が印象的なシーンの背景は、80年代の高田馬場駅前。巨大オープンセットと最新CGで再現したという、壮大なスケールの映像美にも期待が高まる1枚だ。一転し、現代の小山内堅と、小山内の娘である瑠璃の親友・緑坂ゆい(伊藤沙莉)を映した1枚では、2人が深刻な様子で話しこむ姿が捉えられている。一見無関係に思える、正木瑠璃と小山内瑠璃の物語が、どのように交錯するのか。数奇で壮大な運命に思いを馳せながら映画の公開を待ちたい。


12月2日(金)、真実の愛に泣く

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP