戸田恵梨香(母)が永野芽郁(娘)に衝撃の一言、、、!?愛と憎しみの激情エンタテインメント『母性』見逃し厳禁の本予告が解禁!

(C)2022映画「母性」製作委員会
9月15日(木)

ベストセラー小説家:湊かなえが「これが書けたら、作家を辞めてもいい。そう思いながら書いた小説」とまで語った渾身の作品で、累計発行部数110万部を突破した『母性』(新潮文庫刊)が映画化より、“母性”が暴走する見逃し厳禁の本予告が到着した。

映画化発表後、娘を愛せない母親:ルミ子役に戸田恵梨香、母に愛されたい娘:清佳役に永野芽郁が決定したことが発表されると、ドラマ「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」で先輩・後輩役として息の合った掛け合いを見せたコンビの新たな挑戦が大きな話題を呼んだ本作。解禁となった本予告では、その衝撃の内容が明らかになった。


戸田演じる娘を愛せない母:ルミ子の「私が間違えていたのです、、、」という懺悔ともとれる告白の後に女子高生死亡事件の映像が映し出される。女子高生が自ら命を絶った。その真相は不明。果たして事故か、自殺か、殺人か?!JUJUが書き下ろしたエモーショナルな主題歌「花」にのせて、すれ違う母と娘の180度違う証言が紡がれていく。そしてルミ子(戸田)の口から「気持ち悪いのよ、、、」「私の努力をあんたが台無しにしてるのよ。」と娘:清佳(永野)へ向けられる衝撃の一言、、、!さらに清佳からも「頭おかしいじゃないの?」と真っ向からすれ違う母娘。いったいこの2人に何が起こったのか?さらに予告の最後には、清佳を抱きしめるルミ子の姿が「私は娘を強く抱きしめて言ったのです」という戸田のモノローグに載せて映し出さると、一転して清佳の首を絞める姿に切り替わるという衝撃の映像が映し出される!果たしてどちらが真実なのか?

『母性』予告編

さらに、本作には母という名の怪物たちも登場する。大地真央が演じるルミ子の母親は、「まぁ!素敵ね!」が口癖で上品そのもの、理想の世界に生きる母親(ママ)で、無償の愛を娘に注ぎ育ててきたが、そのことがきっかけとなり今回の悲劇を生んでしまう、物語のカギを握るキャラクターだ。また高畑淳子が演じる口が悪すぎるルミ子の義母は「文句があるなら出ていけばいいだろ?」「それでも、お前は母親か!!」などルミ子へきつく当たる一方で、自分の娘には過剰な優しさで接する一面を持つ、クセの強さ満点のキャラクター。この2人の母親が物語をどうかき乱していくのかにも注目だ。


【母】【娘】【ママ】【義母】それぞれの役どころを戸田恵梨香、永野芽郁、大地真央、高畑淳子という実力派女優が熱演しており、観る者に狂気と衝撃を与える予告編となっている。事件はなぜ起きたのか?“母性”に狂わされたのは誰なのか?原作者の湊かなえが「完成度の高さに喜びしかありません。自分の中にこんな感情があったのかと気づくように、心の奥底にある感情が素手で抉り出せれるような作品を、どうか体感してみてください。見ないと、損、損。」とコメントしている。その衝撃のラストを是非劇場で見届けてほしい。

そして本予告の見逃せないもう一つのポイント、ナレーションはあの大人気声優の梶裕貴が担当。“母性”に狂わされ180度逆転する物語を一層もりあげる。

11月23日(水・祝)全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP