≪白≫と≪黒≫のみで描かれた“水墨画”の世界を鮮やかに彩る『線は、僕を描く』魅力的なキャラクターたちの場面写真が到着!

(C)砥上裕將/講談社 (C)2022映画「線は、僕を描く」製作委員会
9月1日(木)

超豪華で超旬なキャストで贈る、熱く泣ける新たな青春映画の金字塔『線は、僕を描く』より、個性豊かで魅力的なキャラクターたちを捉えた場面写真が一挙解禁された。

2020年「本屋大賞」3位、2019年TBS「王様のブランチ」BOOK大賞を受賞した青春芸術小説「線は、僕を描く」(砥上裕將著/講談社文庫)。「命が芽吹く物語」、「青春って素晴らしい!」「まっすぐで、せつなくて、透き通るような喪失と再生の物語」と、全国の書店員から絶賛されている本作が実写映画化!『ちはやふる』を青春映画の金字塔に仕立て上げた小泉徳宏監督を筆頭にした製作チームが再結集、【かるた】の次は【水墨画】に挑戦する。


主演を務める横浜流星が演じるのは、水墨画を学び、その世界に魅了されていく主人公の青山霜介。そして、霜介と出会いライバル心を抱くようになる篠田千瑛を、今や横浜と同じく人気・実力ともに日本トップの清原果耶が演じる。


今回解禁となった画像は、“水墨画”の世界に魅了された霜介が練習に励む凛とした姿や、千瑛が霜介に“線”の描き方を教える様子や水墨画サークルのメンバーに、水墨画の世界でお手本とされる【四君子(しくんし)】と呼ばれる4つの題材【竹・梅・菊・蘭】の中から【竹】を披露している一幕を切り取ったもの。


さらに、霜介と同じく水墨画の世界に魅了された霜介の親友・古前(細田佳央太)、古前と一緒に水墨画サークルを立ち上げる川岸(河合優実)、真っすぐな視線で作品を見つめる水墨画の評論家・藤堂翠山(富田靖子)を写したカット、いつも霜介と千瑛を優しく見守っている西濱(江口洋介)の優しい人柄が伝わる一枚、霜介を一目見て弟子として迎え入れることを決め、水墨画の世界へ導いた巨匠の篠田湖山(三浦友和)が力強くも繊細な“線”を描く一瞬を切り取った場面写真もあわせて解禁となった。


10月21日 ROADSHOW

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP