キアヌ・リーブス、「ユーモア」と「ペット愛」満載の《初バットマン役》に挑戦!『DC がんばれ!スーパーペット』「バットマン&エース」の特別予告映像解禁!!

(C) 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. TM & (C) DC
8月5日(金)

いつも喧嘩が絶えない愛すべき猫とねずみのドタバタコンビ「トムとジェリー」をはじめ、世界中で時代を超えて愛される人気キャラクター、数多くの名作アニメーションを生み出してきたWAG(ワーナー・アニメーション・グループ)。この夏、新たな愛すべき動物キャラクターたちが誕生する。人間が知らない間に突然“スーパーパワーを手に入れてしまった、ちょっとドジなペットたち”の未知なる大冒険を描く、最新作『DC がんばれ!スーパーペット』。

日本語吹替版も松岡茉優、松尾駿(チョコレート・プラネット)、さらに市川ぼたんが務めることとなり、ますます話題の本作。オリジナル版の吹替えでも、飼い主で相棒のスーパーマンが大好きで、“空飛ぶスーパードッグ”・クリプトにドウェイン・ジョンソン(日本語吹き替え版では楠大典)、さらにはクールでちょっとマヌケで”無敵バリアドッグ“エース役にケビン・ハート(日本語吹き替え版では高木渉)、さらにエースと絆を深める、いわずと知れた世界的スーパーヒーロー・バットマン役をキアヌ・リーブスが務めるなど字幕版も超豪華!過去に≪バットマン役≫を演じた錚々たるレジェンドたちにDC初参戦のキアヌは初めて名を連ねることとなる!

さらに日本に先駆け7月29日にUSで公開となった本作は、7月29日(金)から31日(日)の3日間、4,314劇場で公開され、興行収入は2300万ドルを稼ぎ全米興行収入ランキング初登場1位を獲得!(Box Office Mojo調べ)
その大ヒットを記念し、キアヌ・リーブスがバットマンの声を務めた今までの予告とは全く雰囲気が違う「バットマン&エース」の特別予告映像が解禁!
この特別映像では、これまでに解禁となっている映像とはガラッと雰囲気の違う、まさに“ゴッサムシティ”とも言える景観が映し出され、無敵バリアドッグ:エースとバットマンとのコミカルな会話が描かれている。まるで他の映画と見間違える程、影を基調としたダークでアメコミ風のスタイリッシュなカットに加え、まさにバットマンなマントを広げ空を飛ぶエースや1989年版バットマンを彷彿とさせるデザインのバットモービルも登場!そしてラストには、スーパーマンが持つ“ピーピー・ブルース”(バットマン人形)に喜ぶペットの空飛ぶスーパードッグ:クリプトに、あの寡黙なバットマンが鋭く突っ込むなど、これまでに見ることのできなかったシーン満載のファンの心くすぐる映像となっている!また本作はスーパーマン、バットマンはもちろん、アクアマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、サイボーグ、グリーン・ランタンなど実写版映画シリーズでも揃ったことがないジャスティス・リーグのDCスーパーヒーローたちがフルメンバーで登場するのも見どころのひとつだ。
始めてバットマンを演じたキアヌ・リーブスについて制作陣は、”苦悩を抱えるバットマンにぴったりなリズム感とコメディ要素を与えてくれた“と絶賛しており、本作のメガホンをとったジャレッド・スターン監督(『レゴバットマン ザ・ムービー』(17/脚本))は重ねて「キアヌ・リーブス?最高だよ!それにジャスティス・リーグの役を演じた全員もそうだ。『なんてこった!』と思ったよ」と喜び爆発!キアヌ自身も2014年の米メディアのインタビューで「ずっとバットマンをやってみたかった」と語っており、念願が叶った形となった!

映画『DC がんばれ!スーパーペット』特別予告(バットマン&エース編)

8月26日(金) 全国ロードショー!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP