LAが圧倒的マルチバースの世界に飲み込まれる!『ドクター・ストレンジMoM』ベネディクト・カンバーバッチの来場にファン大熱狂!

(C)Marvel Studios 2022
5月4日(水)

マーベル史上最も予測不能で壮大な戦いを描いたファンタジック・アクション超大作『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』。日本公開(全米公開は5月6日)を前日に控えた日本時間5月3日(火)、ロサンゼルスにてワールドプレミアが開催。主演のベネディクト・カンバーバッチをはじめ、“アベンジャーズ最強の魔女”ワンダ・マキシモフ(スカーレット・ウィッチ)役のエリザベス・オルセンや、“魔術師を率いるリーダー”ウォン役のベネディクト・ウォン、“物語のカギを握る新キャラクター”アメリカ・チャベス役のソーチー・ゴメスら豪華キャストのほか、「スパイダーマン」(02、04、07)シリーズで知られる、本作の監督を務めたハリウッドの奇才サム・ライミ、マーベル・スタジオの社長であり本作の制作プロデューサーも務めるケヴィン・ファイギなど、超豪華メンバーが集結した。


本作は、「ノー・ウェイ・ホーム」の激戦を経て、元天才外科医にして“アベンジャーズ最強の魔術師”ドクター・ストレンジが、無数のパラレルワールドが存在する“マルチバース”の世界に挑む物語。未だ多くの謎に包まれたマルチバースから新たな脅威が迫る中、ストレンジは全く同じ姿ながら邪悪な雰囲気を纏う“もう一人の自分”と対峙することになるが、そんなマルチバースの世界観を彷彿とさせる、沢山のストレンジに扮したファンの熱気と歓声に包まれたワールドプレミアが開催。

いよいよ公開を目前に控え会場が盛り上がる中、劇中のマントを羽織る姿とは打って変わり、高級感溢れるベージュのスーツをスタイリッシュに着こなし登場したストレンジ役のカンバーバッチが登場し「観客やファンの方々と一緒に映画を観ることができることにとてもワクワクしていますよ。映画にとってそれが一番大事なこと。ずっとそうすることを熱望していました!」と喜びを語る。


予告編では、髪型の違う精悍な顔つきのストレンジや、混沌とした世界を予感させる異形な姿のストレンジなどが垣間見え、“予測不能”な展開に日本でも期待が高まっているが、カンバーバッチは「日本のファンの皆さん!!君たちはその他の全世界の人たちよりも、早くこの映画を観ることができるんだ。その特典を存分に楽しんで貰いたいと思う。でも、観たことを全て秘密にしたままにしておいてほしい。映画を観て気に入ったら、気に入った、好きだという言葉は拡散してほしいけど、どうして好きなのかは言っちゃだめだよ!」と、いち早く公開を迎える日本のファンに向けてメッセージを送った。


また、シックなブラックのスーツを見事に着こなして登場したワンダ役のオルセンは「こういうプレミアってもうずいぶん長い間、私自身は参加していなかったから、すごくいい気分なの。こうやって観客やファンの方々と直接おめでとうと言いあえるような経験ができることは、とても気持ちがいいことだわ」と、プレミアに参加したことへの喜びを語るほか、「これまでに見たことがないワンダの側面を見ることになると思うわ。私は観客の皆さんがそれを目にすることに、恐れおののいているのと同時に、とてもワクワク、胸を躍らせているところよ」と、マルチバースの世界を舞台に描かれるワンダの新たな姿を示唆した。ウォン役のベネディクト・ウォンは「本作では、ウォンとともにたくさんのアクションを見ていただけると思っています。ファンの方々にはその辺りを楽しんでいただければと思います!」と、見どころを語る。


さらに、“マルチバースの世界を行き来できる”という特殊能力を持った、本作の重要なカギを握る新キャラクターのアメリカ・チャベス役のソーチー・ゴメスが可愛らしい水色のドレスで登場し、「頭がおかしくなるくらい、興奮しているの。ここに居られるなんて、超ラッキー!(笑)」と、持ち前の明るさでMCUの一員となったことへの喜びを語った。

その他にも、“ストレンジの元恋人”クリスティーン役のレイチェル・マクアダムスら豪華キャストやサム・ライミ監督、ケヴィン・ファイギなど豪華製作陣が登場し、公開日前日に相応しい大盛況のプレミアイベントとなった。

マーベル史上最も予測不能で、異次元の壮大な戦いを描いたファンタジック・アクション超大作が遂に始動する!

5月4日(水・祝)映画館で公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP