「最高傑作」の口コミが多数!『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』週末興行収入10億越えのメガヒット!

(C) 2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved. Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C)J.K.R.
4月11日(月)

ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』が4月8日(金)に全国365館、895スクリーンにて全国公開!
先日『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が地上派でOAされると“ファンタビ”がTwitterトレンド1位を獲得!また念願のエディ来日決定のニュースでは#エディ来日がSNS上でバズるなど大盛りあがり! 駅や電車、ファッションビルなど幅広いコラボレーションも各地でスタートし待ちわびるファンたちも熱気に包まれ、日本中が魔法にかかっている!
全世界の支配を企む“黒い魔法使い”を止めるため、ダンブルドア先生の「秘密の作戦」がついに動き出す!試される仲間の勇気と友情――愛と冒険が詰まった待望の物語は、最高潮に!

そして公開を迎え4月8日(金)~4月10日(日)の3日間の累計成績では観客動員68万5197人、興行収入10億5573万3460円を記録し週末動員・興行ランキングで初登場1位のメガヒットスタートとなった!(土日の観客動員数50万3955人、興行収入7億8557万6530円)

ハリー・ポッターの魔法世界での新たな冒険や、ダンブルドアの秘密の作戦をいち早く目撃しようと劇場には子供連れの親子や夫婦、カップル、友人同士など、ファンだけではなく老若男女問わず幅広い層が訪れ、満席になる劇場が続出!また、アトラクションのように映画を楽しめる4Dや魔法ワールドへの没入体験のIMAX版も大好評!!SNSには鑑賞後の感想が続々と投稿され、「個人的には今作が一番面白い」「ファンタビで泣くとは・・・」「ハリポタの集大成とも言える完成度」「ニュートと魔法動物のやりとりだけでも楽しめる」「ダンブルドアとグリンデルバルトの魔法対決のワクワク感がすごい」「吹き替え版も豪華!どっちも観る!」、「IMAXスクリーンでの魔法ワールドの没入感は最高!」など興奮が冷めやらないコメントがタイムライン上に溢れ、公開初日の8日には「ファンタビ」が一日中Twitterのトレンド入りを果たした。
そしていよいよ今週13日にはエディ・レッドメインが前作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のプロモーション以来、約3年4か月ぶり5度目の来日を共演者のジェシカ・ウィリアムズと行い、日本のファンと待望の対面を果たす。
「日本のみんなに会えることが嬉しくて仕方ないよ。海外に行くのは久しぶりだから日本に行くのが本当に楽しみだよ」と話していたエディだが、ハリウッド大作の久しぶりの来日ということで、ファンタビ現象は更に加速することは間違いなし。

<各界から絶賛のコメントも続々!>
◆芦田愛菜(俳優)
冒頭から「聞いてないよ!!」という感じでした。原題通り『The Secrets of Dumbledore』… 前作までの複数の秘密が全て解消されます! 先に知ってしまった背徳感というか、もう早く映画を観た方と一緒に秘密を共有したくてたまりません!!

◆加藤諒(俳優)
期待通りのファンタビの世界が広まっていました!そして、さらに魔法の表現がスケールアップしてて、特に、グリンデルバルトとダンブルドアの魔法バトルが大迫力で見どころの1つです!今作も僕の大好きな魔法動物たちが大活躍!ニフラーがとにかく可愛すぎる!タイトルにもある「ダンブルドアの秘密」が衝撃的です!伏線も沢山出てきて、今後どうなっていくのかがとにかく楽しみ!
是非映画館で見てください!

◆関根麻里(タレント)
今作も大迫力でユーモアある魔法バトル!愛くるしい、ファタスティックビーストが登場し魅了されます!秘密の作戦で立ち向かうニュート率いる一見強そうに見えないデコボコチームが、この秘密の作戦をどんな形で成し遂げるのか、ワクワクする作品でした!
改めて、マグルのジェイコブが魔法の世界にいることが同じマグルとしてとても羨ましく思えました!大きなスクリーンで魔法の世界を体験してみたいし、是非皆さんも体験してみてください!

◆米﨑明宏(映画ライター/SCREEN)
『ハリポタ』『ファンタビ』のファンが絶対知りたかった真実、見たかった場面をいよいよ目撃できる瞬間がやってきた!そしてダンブルドアとグリンデルバルドの運命の変貌に、またゾクゾクさせられること間違いなし!

◆渡辺麻紀(映画ライター)
“ファンタスティック・ビースト”と謳った映画が、初めてファンタスティック・ビーストに物語のカギを握らせた。重要な役割を果たす存在にもかかわらず、そのキュートさはシリーズ最高峰。わたしもキリンさんにお辞儀してもらいたい!

◆よしひろまさみち(映画ライター)
これまでわちゃわちゃの魔法動物が最高に可愛かった“ファンタビ”。最新作は思いっきり魔法ワールドらしさがフルスロットル。ハリポタ最終章を思い出させる大バトルあり、善と悪の戦いにまさかの色っぽさまでプラスされてるし。魔法ワールドで育った皆さん、おまたせしました。期待以上の萌えをお約束。

大ヒット上映中

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP