『ハリー・ポッター』で明かされなかった最大の謎とは!?『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』日本版予告解禁!!

(C) 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved Wizarding World™ Publishing Rights (C) J.K. Rowling WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and (C) Warner Bros. Entertainment Inc.
3月4日(金)

「ハリー・ポッター」「ファンタスティック・ビースト」全10作で興行収入が1000億円を突破するなど、国内洋画シリーズ映画興行成績でもNo.1の成績を誇る魔法ワールドシリーズの最新作『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』。先日、キャラクターポスター、USポスター、US予告など立て続けに新たな情報が解禁されると「ファンタビきたああああああああああああああ!!!!!!」「わくわくどきどきで寝られない」「ニュートは一番尊敬する魔法使い!」など高まる期待の声が溢れ、世界中が魔法のひと時に酔いしれた。そんな熱狂の中、日本ファン待望の日本版予告が解禁となった!

史上最悪の“黒い魔法使い”グリンデルバルド(マッツ・ミケルセン)を止めるため、主人公のシャイでおっちょこちょいな魔法動物学者ニュート(エディ・レッドメイン)と本作のキーパーソンとなる“史上最も偉大な魔法使い”ダンブルドア先生(ジュード・ロウ)、ニュートの兄で“超エリート魔法使い”テセウス(カラム・ターナー)や、“魔法動物を愛するニュートの助手” バンティ、これまで陰ながらニュートたちに協力していた、アメリカのイルヴァーモーニー魔法魔術学校の“呪文学の教師”ユーラリー(ジェシカ・ウィリアムズ)、“名門魔法族の末裔”ユスフ(ウィリアム・ナディア)、そしてなんと!“陽気なマグル”ジェイコブ(ダン・フォグラー)も加わって、個性豊かなデコボコチームを結成!ニュートとジェイコブのほっこりする再会シーンに加え、「ハリー・ポッター」シリーズではハリーたちの良き先生として登場したマクゴナガル先生の若き日の姿やホグワーツ城、クィディッチといった、魔法ワールドファン歓喜の映像もおさめられており、『ファンタビ』新章への期待感と、より深くなる「ハリー・ポッター」シリーズとのつながりに胸が高鳴る!よりスケールアップした魔法だけでなく、ニュートの相棒であるボウトラックルのピケット、キラキラしたものが大好きなニフラーのテディといった、お馴染みの魔法動物達のかわいい姿にも注目だ!彼らのデコボコチームの一員としての活躍も見られるのだろうか⁉新たに登場する魔法動物の活躍にも期待が止まらない!
さらに、「人間界を焼き尽くす」とグリンデルバルドが、ダンブルドアに対して宣言する緊張感あふれる場面も。かつては同じ志を持った友人だった彼らの過去に一体何があったのか。そしてダンブルドア先生の「私は愚かにも杖を抜いたんだ」という意味深な言葉が意味することとは──。「ハリー・ポッター」シリーズで明かされなかった最大の謎である、ダンブルドア先生とその一族の秘密とは!?ワクワクが止まらない!
主人公のニュートを演じるのは、アカデミー主演男優賞受賞経験を持つエディ・レッドメイン、本作のキーパーソンであるダンブルドア先生をジュード・ロウ、対する史上最悪の黒い魔法使いでもう一人のキーパーソンとも言えるグリンデルバルドを演じるのは、昨年度のアカデミー国際長編映画賞を受賞した『アナザーラウンド』で主演を務めた“北欧の至宝”という異名を持つマッツ・ミケルセンが務める。その他、エズラ・ミラー、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、カラム・ターナー、ジェシカ・ウィリアムズ、キャサリン・ウォーターストンらキャストが集結!2022年、魔法ワールドの新たな冒険に、世界中が酔いしれること間違いない!

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』予告編

4月8日(金)全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP