息子・北村匠海が明かす!父・阿部寛との“役を超えた”絆とは…?『とんび』の魅力に迫った特番映像解禁!

(C)2022 『とんび』 製作委員会
3月3日(木)

永遠のベストセラー小説、重松清「とんび」初の映画化、4月8日(金)全国公開『とんび』より、北村匠海が本編映像に合わせて本作の魅力をナビゲートする「公開記念特番」の映像が解禁された。

幾度途切れても必ず繋がってゆく親子の絆を描く、重松 清による不朽の名作小説「とんび」。今この時代にこそ届けたいと、初映画化が実現。主人公の、破天荒ながら愛すべき父・ヤス役には、『テルマエ・ロマエ』「下町ロケット」などの大ヒット作で、圧巻の表現力と存在感を放つ阿部 寛。ヤスの息子・アキラ役には、若手実力派の中でも突出した才能を発揮する『君の膵臓をたべたい』『東京リベンジャーズ』の北村匠海。さらに、多くの深遠な物語をエンターテイメントとして昇華させてきた監督・瀬々敬久の元に、薬師丸ひろ子、杏、安田 顕、大島優子、麻生久美子、他豪華キャストが集結。これは、古き良き時代の物語にとどまらない、新たな時代への希望を予感させる、今、そして未来へ繋がる家族の絆の物語だ。


「親と子というものは絶対に切り離せなくて、無償の愛というものは存在すると改めて感じた作品ですね。」そう語るのは、本作で阿部寛演じる主人公ヤスの息子・アキラを演じた北村匠海だ。昭和37年。亡き妻への悲しみに暮れる暇もなく、不器用だが懸命に、男手一つで息子を育てる父・ヤス。母の死の真相を知りたがる息子・アキラに、ヤスはたった一度の“大きな嘘”をついてしまう…「お母さんは、お父さんを助けて死んだんじゃ。」

北村匠海がナビゲート!映画『とんび』公開記念特番

本作のオファーを受けた北村は、「人は誰しもが自分を産んでくれた親という存在がいて、自分もまた親になって…そうやってバトンが渡されていく尊さを感じました。作品のメッセージと登場人物の生き方がリンクしている作品に、僕は初めて出会いました。」と語る。自身が演じたアキラについて、「とてもピュアで真っ直ぐな役柄だったので、難しいことを考えずに演じました。とにかく(父親役の)阿部さんの懐に、アキラと同じように飛び込んでぶつかっていく。そういう所を意識していました。」と、皆がその成長を見守りたくなる、愛すべき息子・アキラが生まれた秘話を明かした。


さらに初共演となる阿部寛について、「子どもの頃から色々な作品を観てきましたが、実際にお会いするととてもチャーミングな方でした。芝居の中での言葉ひとつひとつが重く、父親としての阿部さんの思いを、肌で感じることができました。」と、阿部と北村は役を超えた親子の強い絆で結ばれ、撮影に望んだという。そして、「中々人に会えず、色々なことに縛られている今の時代ですが、この作品の持つ暖かい愛情が、縮こまった心を解してくれると思います。」と、本作に込めた熱く暖かな思いを零した。


また、本映像の解禁に合わせて、阿部と北村演じる親子が生きた足跡を想像させられる場面写真も到着。昭和から平成、そして令和を不器用ながらも懸命に生きた父と息子の姿を、特番映像と共に感じて頂きたい。


4月8日(金)全国公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP