『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』キャラクターポスター世界同時解禁!

(C) 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved Wizarding World™ Publishing Rights (C) J.K. Rowling WIZARDING WORLD and all related characters and elements are trademarks of and © Warner Bros. Entertainment Inc.
2月23日(水)

ハリー・ポッター魔法ワールド最新作『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』より、個性豊かな9名のキャラクターポスターが世界同時解禁となった!

「ハリー・ポッター」「ファンタスティック・ビースト」全10作で興行収入が1000億円を突破するなど、国内洋画シリーズ映画興行成績でもNo.1の成績を誇る魔法ワールドシリーズ。「ファンタスティック・ビースト」は、「ハリー・ポッター」の生みの親、J.K.ローリング自ら脚本を手掛ける映画作品として注目を集めている。2018年11月に劇場公開された『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は興行収入65.7億、観客動員473万人を突破し大ヒットを記録した。


最新作では、シャイでおっちょこちょいな魔法動物学者<ニュート>(エディ・レッドメイン)が、キーマンである<ダンブルドア先生>(ジュード・ロウ)や魔法使いの仲間たち、そしてなんとマグル(非魔法族)と寄せ集めのデコボコチームを結成!史上最悪の“黒い魔法使い”グリンデルバルドに立ち向かう。
ニュートやダンブルドアが率いるデコボコチームには、前作からおなじみの陽気なマグル<ジェイコブ>(ダン・フォグラー)、ニュートの兄で闇祓いのエリート魔法使い<テセウス>(カラム・ターナー)のほか、名門魔法族の末裔の<ユスフ>(ウィリアム・ナディラム)の姿も。さらに、魔法動物を愛するニュートの助手<バンティ>(ヴィクトリア・イェーツ)や、『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』でニコラス・フラメルに本を通して助言を与えていたアメリカのイルヴァーモーニー魔法魔術学校の呪文学教師<ユーラリー>(ジェシカ・ウィリアムズ)もチームに参戦!シリーズ通してお馴染みの、小枝のような魔法動物<ピケット>もニュートの肩に乗っている姿が確認でき、まさに種族もバラバラの異色なデコボコチームがどんな活躍を見せてくれるのか、期待が高まるばかりだ。


一方、デコボコチームが挑むのは、圧倒的な魔法の強さと未来が視える力、そして「魔法使いが世界を支配するべき」という思想を持ち、巧みに人の心を支配するカリスマ性を持つ<グリンデルバルド>(マッツ・ミケルセン)を筆頭とした、グリンデルバルド陣営。未知の力を秘めながら、自分の出自を知ろうとするなかでグリンデルバルドに出会い導かれた<クリーデンス>(エズラ・ミラー)は、前作でグリンデルバルドに「アウレリウス・ダンブルドア」という名で呼ばれていたことからも、ダンブルドア一族の秘密に大きく関わってくることになりそうだ。


果たして、デコボコチームはグリンデルバルド陣営の思惑を打ち破り、魔法界を救うことはできるのか?そして、「ハリー・ポッター」シリーズで明かされなかったダンブルドアと彼の一族に隠された秘密とは一体何なのか!?解禁されたそれぞれのポスターの背景には「ハリー・ポッター」シリーズでもおなじみのホグワーツ城やホグズミード村らしき建物がそびえ、本作ではさらに「ハリー・ポッター」シリーズとの繋がりが深まってくことになりそうだ。不思議なトランクや可愛い仲間のビーストたちとともにますます広がる魔法の世界に胸が高鳴る、全世界待望の“ファンタビ”で魔法の世界に飛び込もう!

4月8日(金)全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP