甥っ子との“想定外”の日々がもたらす驚きと喜びを描く、最高に愛おしい物語!ホアキン・フェニックス主演『カモン カモン』日本版予告到着!

(C) 2021 Be Funny When You Can LLC. All Rights Reserved. 
2月10日(木)

ホアキン・フェニックス主演、マイク・ミルズが監督・脚本を務めたA24製作映画『カモン カモン』の公開日が4月22日(金)に決定し、日本版予告が到着した。

突然始まった甥っ子との共同生活
戸惑いと衝突、想定外から生まれた奇跡の日々

NYを拠点に全米各地を取材して回るラジオジャーナリストのジョニーは、妹が家を留守にする数日間、9歳の甥・ジェシーの面倒を見るためにLAに飛ぶ。それは彼にとって、子育ての厳しさを味わうと同時に、驚きに満ち溢れたかけがえのない体験となる。それぞれの孤独を抱えたふたりは、ぶつかりながらも真正面から向き合うことによって、新たな絆を見出していくー。


名優ホアキン・フェニックスが、『ジョーカー』の次に選んだ心温まる物語
『ジョーカー』で狂気を見事に体現しアカデミー賞(R)主演男優賞に輝いたハリウッドの名優ホアキン・フェニックスが、次なる主演作に選んだのは、こんなにも親密で優しいヒューマンドラマだった。オーディションで選ばれ、英国アカデミー賞の助演男優賞ノミネートされた新星ウディ・ノーマンとの間で見せる、心を揺さぶる内省的な演技で新境地を開拓した。

マイク・ミルズ監督が捉えた、子供たちの目に映る風景と未来
自身の子供をお風呂に入れている時に着想を得て、監督・脚本を手掛けたのは、クリエイターからも絶大な支持を得ているマルチアーティストのマイク・ミルズ。『ムーンライト』『レディ・バード』『ミッドサマー』など話題作を世に送り出し、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの映画会社A24と、『20センチュリー・ウーマン』に続く2度目のタッグが実現した。
『人生はビギナーズ』など、身近にいる大切な人をテーマに描き続けてきたミルズだが、本作では実際にインタビュー取材した全米各地の9~14歳の子供たちの“生の声”も挿入。「今、現実社会で起こっていること」を生々しくもパワフルに伝え、「すべての大人は子供と彼らの未来に責任がある」という強いメッセージを発している。
『女王陛下のお気に入り』でアカデミー賞候補となった撮影監督ロビー・ライアンが手掛けるモノクロの映像美、人気ロックバンド ザ・ナショナルのアーロン・デスナーとブライス・デスナーがサウンドトラックを担当。気鋭クリエイターの結集にも注目が集まる。

『カモン カモン』本予告

今回解禁となった日本版予告編は、ドビュッシーの「月の光」のメロディにのせて、NYで一人暮らしをするジョニーが9歳の甥ジェシーを預かるシーンから始まる。ジェシーの大人びた発言や、街中で突然姿をくらます行動などにジョニーは振り回されてばかり。バスに飛び乗ったジェシーを無事見つけ安堵して抱きしめるジョニー、「伯父さんはバカの中で一番バカだよ」という親し気な会話から、徐々に2人の距離が縮まっていく様子が伝わる。そして子供としてではなく、一人の人間として「ちゃんと対応したい」とジェシーに向き合うジョニーの姿や、未来について語るジェシーなど、一緒に過ごした想定外の日々を通じて、二人がどのように変わっていくのか期待が膨らむ予告編となっている。

4月22日(金) TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP