『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』白石麻衣、クールな金髪美女役でアフレコ初挑戦!ロシア語にもチャレンジ!!

(C)2022 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
1月26日(水)

最新作となる劇場版第25弾『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』。今作のキーパーソンとなるキャラクター<エレニカ・ラブレンチエワ>を演じるゲスト声優が白石麻衣に決定、爆弾犯に復讐を誓う謎のロシア人部隊を束ねるクールなリーダー役に挑むことがわかった。

今作の舞台となるのはハロウィンで賑わう“渋谷”! 渋谷ヒカリエでとある結婚式が執り行われており、そこにはウェディングドレスに身を包んだ、警視庁捜査一課強行犯三係の佐藤美和子刑事の姿が。するとそこに突如暴漢が乱入し、佐藤を守ろうとした同じく警視庁捜査一課強行犯三係の高木渉刑事がケガを負ってしまう。時を同じくして、降谷零(警察庁警備局警備企画課所属=降谷零、黒ずくめの組織=バーボン、探偵=安室透のトリプルフェイス)の警視庁警察学校鬼塚教場での同期であり、かつて佐藤が想いを寄せていた松田陣平刑事が殉職した3年前の連続爆破事件の犯人が脱獄! 松田刑事の因縁の相手を追い詰めることに成功した降谷だったが、突如現れた謎の仮装の人物によって降谷の首に首輪爆弾をつけられてしまう事態に。降谷から、3年前に“渋谷”で正体不明の仮装爆弾犯「プラーミャ」との間で起こった事件について聞いたコナンは、降谷の首に巻き付いた爆弾解除の為に奔走するが、不穏な影に狙われることとなり、未曽有の大事件が起こってしまう…。


エレニカ・ラブレンチエワ/白石麻衣
29歳。爆弾犯に復讐を誓うロシア人部隊を束ねるリーダー。
過去のとある事件を理由に、既に殉職したはずの松田刑事の行方を捜索している。その正体は、コナンの敵か、味方か―。

≪白石麻衣コメント≫
幼い頃から観ていたコナンの世界に、自分も参加できることになってとてもびっくりしましたが、すごく嬉しかったです!人生の中で素敵な思い出になると思いました。
私が演じたエレニカ・ラブレンチエワはロシア人部隊のリーダーなので、強い女性を意識して演じました。ロシア語にも挑戦しているのでぜひご注目ください! アフレコをするのは今回が初めてだったので不安もありましたが、楽しかったです! いつもプロの方々が収録をされているのと同じ場所でのアフレコだったのでソワソワしてしまいました。
今作も本当に、本当に素敵なお話になっていますし、私も一視聴者として完成がとても楽しみです。この作品を見てハラハラ・ドキドキ・ワクワクと色んな感情になって楽しんでいただけたらと思います!


≪プロデューサー:近藤秀峰・汐口武史・寺島清晃による起用理由コメント≫
今回、エレニカ役を選定するにあたっては、「秘めた強さ」を重視しました。白石麻衣さんの持つ、やわらかい雰囲気の中にある芯の強さがキャスティングの決め手となっています。声優初挑戦、しかもロシア語のセリフも多々ある中ですが、見事な集中力と対応力でエレニカを演じ切って頂きました。白石麻衣さんの新しい一面が表現されていると思いますので、ぜひ、劇場でお楽しみください!

4月15日(金)ROADSHOW!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP