マーベル映画の最高傑作との呼び声も!リピーターも続出!『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』動員200万人 興行収入30億円突破!!

(C) & ™ 2022 MARVEL. (C)2022 CPII and MARVEL. All Rights Reserved.
1月24日(月)

全世界で驚異の特大ヒット中のトム・ホランド主演『スパイダーマン』シリーズ最新作、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』。1月22日~23日の週末までで、累計動員は2,029,613人となり200万人を突破、累計興行収入は3,086,443,080円となり30億円を突破した!

日本全国の映画館には、老若男女あらゆる層のお客様が見受けられ、まさに熱狂の渦に包まれている!SNSやネット上では、「マーベル映画史上最高傑作!」「映画館で拍手が起きた!」「神映画!」と、熱いコメントが続々と書き込まれ、2回目、3回目、それ以上とリピート鑑賞されたお客様からのコメントも続出している。

さらには、米レビューサイトのロッテン・トマト(Rotten Tomatoes)では、「2021年に最も高くレビューされた映画」に選ばれ、ゴールデン・トマト・アワードを受賞している。日本でもレビューサイトFilmarksでは1/24現在でも「4.6」という高スコアを維持し続けている。

また全米では、公開6週目となる週末(1月21日~23日)に再び週末興行成績No.1となった。全米における累計興行収入は1月23日までで7億2101万0988ドル(約822億円)となり、『ブラック・パンサー』を抜いて全米累計興行収入の歴代4位にまで浮上している。さらに、1月23日までの全米以外の海外では、累計興行収入が9億7010万ドル(約1106億円)となり、全米および海外の成績を合計した全世界累計興行収入は16億9111万0988ドル(約1928億円)となり、『ジュラシック・ワールド』を抜いて全世界累計興行収入の歴代6位にまで上り詰めている!全米におけるオープニング3日間の興行成績が『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』を抜いて歴代2位でスタートした本作は、映画界の歴史に残る驚異的な快進撃を続けている!(※1/24付Box Office Mojo調べ、1ドル=114円換算、1/24現在)

これまでも公開されるたびに毎回社会現象を巻き起こしてきた「スパイダーマン」シリーズ。ついに<最終章>となる本作は何回見ても前代未聞の体験ができること間違いなし!ぜひとも映画館で驚異的な歴史の目撃者となってほしい!

さらに、1月29日(土)からの入場者プレゼント<第3弾>も決定!<オリジナル・アートカード>(B5サイズ/数量限定)が配布される。

◆大ヒット御礼!3週連続入場者プレゼント<第3弾>
配布日:1月29日(土)~
プレゼント:オリジナル・アートカード(B5サイズ)<数量限定>

※画像はイメージです。
※お一人様、1回のご鑑賞につき、1枚のプレゼントとなります。
※劇場により数に限りがありますので、予めご了承ください。
※全上映フォーマットにて配布予定です。
※なくなり次第終了となります。
※プレゼントは非売品です。転売はご遠慮ください。

大ヒット公開中!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP