公開後31日間で興収93億円突破!『劇場版 呪術廻戦 0』4D&ドルビーシネマでの上映も遂に決定!!

(C) 2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 (C)芥見下々/集英社
1月24日(月)

「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて連載中、シリーズ累計発行部数6000万部を突破している大人気コミック『呪術廻戦』(芥見下々・著)。そんな『呪術廻戦』初の映画化となる『劇場版 呪術廻戦 0』。

公開から31日間で681万人以上を動員し、興行収入も93億円を突破、「第45回日本アカデミー賞」で優秀アニメーション作品賞を受賞するなど、大きく話題となっている。
1月22日(土)から入場者プレゼント第2弾の配布がスタート!今後も第3弾・第4弾の配布も控えている。

<12月24日(金)~1月23日(日)までの31日間成績>
全国417館(IMAX 39館含む)
計:6,812,266人 9,310,477,450円

さらに、2月5日(土)より、本作のMX4D、4DXさらに、ドルビーシネマでの上映が決定!

4Dの上映は全国の80館の劇場で、さらにドルビーシネマは全国5館の劇場で楽しむことができる。
主人公・乙骨憂太と最悪の呪詛師・夏油 傑による決死のバトルは勿論のこと、最強の呪術師・五条 悟と呪詛師・ミゲル戦や、禪院真希・狗巻 棘・パンダのバトルシーン、さらにはエンディングテーマ曲に至るまで、今作の大きな魅力でもある迫力のアクションシーンと、高い評価を得ている音楽を是非、4Dとドルビーシネマで体験だ!

全国東宝系にて大ヒット公開中!!!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP