“究極の映画体験”を求めてIMAX(R)鑑賞者は驚異の約3割!『DUNE/デューン 砂の惑星』歴史に刻まれる超大作の誕生をその目に焼き付けろ!

(C)2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved
10月19日(火)

2021年最大の超大作である映画『DUNE/デューン 砂の惑星』が大ヒット上映中!

IMAX(R)社全面バックアップのもと、クリエイターが意図したクオリティの映像&音響が劇場で変換(=劣化)することなく再現可能にし、ラージフォーマットIMAX(R)を超える“究極の映画体験”が可能な「Filmed For IMAX(R)」に認定された世界初の作品として、未だかつて誰も経験したことのない未来型シネマ・エクスペリエンスを実現した本作。ヴェネチア国際映画祭、トロント国際映画祭で「映画館でしか味わうことの出来ない“映画の力“を再提示した作品だ」等、大絶賛の声があがり映画の力を証明した勢いそのまま、フランスでの記録的大ヒットを皮切りに、ドイツ、イタリア、スペイン、ロシアなどヨーロッパを中心に29の国と地域で初登場No.1を獲得!映画批評サイトRotten Tomatoesで驚異の91%を最高値として叩き出し、アメリカ、イギリス、韓国、中国などでの公開を控えているにも関わらず、1億2千万ドルを超える大ヒットを記録中。この数字はコロナ禍において特筆すべき数字で、世界中の観客が“究極の映画体験“に歓喜し、混沌とした世界へ一筋の光を射した。
10月15日(金)に、全国714スクリーンで公開を迎えると、公開3日間(10/15-17)で、興行収入203,854,150円(観客動員数127,879名)を記録。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督にとって日本での興行収入の最高値を記録しそうな勢いとなっている。また、オープニング3日間のIMAX🄬興収比率が2020年に公開されたクリストファー・ノーラン監督の「TENET テネット」の25.5%を上回り、「DUNE/デューン 砂の惑星」では驚異の29.3%という数値をたたき出した。特に、1.43:1の画角で通常スクリーンと比べて最大40%増の映像が体感できるグランドシネマサンシャイン池袋では、2021年に公開された洋画IMAX(R)作品の中でオープニングトップの成績で華々しくスタートした。IMAX(R)版での上映では良席を求めてチケットの争奪戦が勃発!多くの観客が本作の”究極の映画体験”を求め、映画館へ訪れている。
それを裏付けるように、SNS上でも「『DUNE/デューン 砂の惑星』最高でした。過去イチIMAX案件。非日常を味わえる没入感半端ない。」「圧倒的映像美、スケール、没入感。これは映画館、IMAXで見て欲しい!壮大な物語に思わず自分を忘れて見入ってしまった。待つべきして待った映画、むしろここまで期待を膨らませてその上をくる体験をさせてくれたのがすごい」「DUNE IMAXで観て良かった。普通に観てたら多分後悔したな」「DUNEやばい。ロードオブザリングを初めて観たときの衝撃と興奮って感じ。伝説ってこうやって始まるのか…」「“歴史的超大作の第1歩”“今世紀を代表する映画”とにかく凄い。スターウォーズ、ハリーポッター、ロード・オブ・ザ・リング等の名だたる神話的映画シリーズに名を連ねる可能性を強く感じた。人生最高クラスの映画体験」など、絶賛の声が相次いでいる。監督も本作を「原作と大スクリーンへのラブレター」と表現しており、待ちに待った日本の観客にもそのラブレターが届くこととなった。全世界待望の世界観が変わる誰も見たことのない“映像体験”の幕開がついに開かれた!歴史に刻まれる超大作誕生の瞬間を見逃すな。

全国公開中!

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP