玉山鉄二主演『今はちょっと、ついてないだけ』追加キャスト決定!

(C)2022映画『今はちょっと、ついてないだけ』製作委員会
9月6日(月)

7月に映画化、主要キャスト玉山鉄二、深川麻衣を発表しました伊吹有喜 原作「今はちょっと、ついてないだけ」(光文社文庫 刊)、千葉県茂原市、長野県千曲市、愛知県幸田町、長崎県島原市の4都市の製作協力により撮影が開始するにあたり、映画『今はちょっと、ついてないだけ』の追加主要キャストが解禁された。

玉山鉄二演じるかつてスター・カメラマンだった主人公・立花浩樹と出会い、夢破れた大人たちが暮らすシェアハウスで一緒に時間を過ごしていく人々と立花浩樹の過去に関わる重要人物を演じる主要キャスト3名からコメントが届きました。リストラされてしまったテレビディレクター宮川良和役を演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーで、『るろうに剣心 最終章 The Final』(21)、『孤狼の血 LEVEL2』(21)など、近年活躍がめざましい音尾琢真。超売れっ子の芸人だったが、5年間テレビから干されている会田健役を『事故物件 怖い間取り』(20)等に出演、俳優としても活躍する安田大サーカス団長安田。立花の過去に関わる伝説的仕掛人 巻島雅人役を映画『新聞記者』(19)等に出演、舞台、ドラマで活躍する高橋和也が演じます。
その他、かとうかず子、山村美智、奥山佳恵、「仮面ライダーセイバー」のヒロイン(テレ朝/21)に出演等モデルとしても活躍する川津明日香、管楽器ガールズユニットMOSのリーダーでトロンボーンを担当しているErna(アーナ)、ドラマのみならず、TBS系朝の生放送番組「ラヴィット!」(水曜レギュラー)など、バラエティ番組でも活躍する大友花恋等が決まり、がむしゃらに働いて挫折をした人々が集まってきたシェアハウスを舞台に、疲れ果てている世代を包み込むようなやさしい眼差しを持った物語の撮影がいよいよスタートする。

本作は、30代から40代の人生模様を描き、これまで過ごしてきた時間を振り返りながら、「今だからこそ見える風景が、ここにある」と苦しみも哀しみも引き受けて、この先を生きるんだと勇気を与えてくれる物語。
撮影は、千葉県茂原市、長野県千曲市、愛知県幸田町、長崎県島原市の4都市の製作協力によりスタート。美しく、豊かな風景がスクリーンへと映し出されていく。

◆音尾琢真
最初に読ませてもらった時から、なんだか不思議な気持ちになる脚本でした。生きている間は良い時もあれば悪い時もあり、その時々に一緒に居られる仲間も変わっていき、それでも限られた時間を生き抜いていかなければならない。私も淡々と、時には情熱的に、流れに身を任せるように、この作品の撮影に臨んでいきたいと思います。映画館で観てもらえる日が楽しみです。

◆団長安田
映画の出演が決まったと聞いて、どんな役柄かなと台本を確認したら僕でした!笑 小学生の娘も一言。「団長じゃーん!!」でした。そんな等身大の役だからこそ、プレッシャーもありますが、色々と楽しみが制限されてる、このご時世に少しでも多くの方に楽しんでいただけるよう頑張りたいと思います!

◆高橋和也
「今はちょっと、ついてないだけ」そんな風に誰かに言ってもらえたら少し気持ちも楽になりますよね!映画に救われる事がある。毎回では無いけど。それでも映画を観て人生も悪くないなって思えたらそれは幸せな事だと思う。

2022年 春、 全国順次ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP