2021年洋画の大本命、劇場公開に向けついに再始動『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』超豪華声優陣による吹替キャスト解禁!

(C) 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.
8月30日(月)

全世界待望の「007」シリーズ 25 作目、前作『007 スペクター』から実に 6年の時を経て公開される最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』より、実力派声優陣が集結する吹替キャストが解禁された!

本作でダニエル・クレイグが演じるのは最後となるジェームズ・ボンド役に『007/カジノ・ロワイヤル』から5作連続で担当してきた藤真秀の続投が決定!ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドのラストに華を添える。また、前作でボンドと行動を共にし、本作でも重要な鍵を握ることが予想される謎多き女性マドレーヌ・スワン役は園崎未恵が引き続き務める。
そして、本作で新たに登場するラミ・マレック演じるシリーズ史上最凶の敵となるサフィン役を「ONE PIECE」のロロノア・ゾロ役などで知られる中井和哉、ラシャーナ・リンチ演じる女性エージェントのノーミ役には『ブラックパンサー』でオコエ役を演じた斎賀みつきが、本作で大きな注目を集めるキャラクター二人をそれぞれ演じる。また、「007」シリーズを代表するスーパーヴィランとして前作でボンドを絶体絶命の危機に追い込んだエルンスト・スタヴロ・ブロフェルド役には山路和弘が続投するほか、ビリー・マグヌッセン演じるアッシュ役には「ルパン三世」石川五ェ門役の浪川大輔、アナ・デ・アルマス演じる諜報員パロマ役を『キャプテン・マーベル』キャロル・ダンヴァース/キャプテン・マーベル役の水樹奈々、ヴァルド・オブルチェフ役には、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のペニーワイズ役が話題となった多田野曜平と、日本を代表し第一線で活躍する実力派キャストが集結!
ついに最後を迎えるダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの有終の美を華々しく飾るべく集結した超豪華声優陣による超ハイクオリティな日本語吹替版は必見!いよいよ公開が間近に迫った本作のさらなる続報に注目してほしい。

<声優キャスト解禁コメント>
◆藤真秀(ジェームズ・ボンド役)
この作品のお話を頂いて、本当にありがたいと思っています。
「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」は、今までの作品と違った一面があり、ボンドも見せたことのない顔を見せて、そこはかなり難しいと感じながら演らせて頂きました。
マドレーヌとの関係、新たな敵、もちろんアクション等々!見どころ満載の作品です!

◆園崎未恵(マドレーヌ・スワン役)
前作に引き続き、マドレーヌを担当させて頂いております。ピュアでイノセントなマドレーヌの魅力をどう表現出来るか、繊細な言葉のやりとりの中で、今回も精一杯演じさせて頂きました。今回の映画は、ところどころにユーモアが刻まれ、時折、肩の力が抜けるような仲間たちの会話に、今までのシリーズとは一風違った新しさを感じます。ダニエル・クレイグ最後の007、とても情熱的で本当に素敵です 。どうぞご期待くださいませ。

◆中井和哉(サフィン役)
007の敵役を吹き替えられる日が来ようとは。感激しつつ対面したサフィンは、哀しく、病んだまさに現代を感じさせる悪でした。次の瞬間何をするのか、こちらの意識を捉えて離さない吸引力。ボンドの一番脆い部分に刃を突き付けてくるヤバさ。マレックの作り上げた魅惑的なキャラクターの“間”と表情に、陶然となりながら演じました。

◆斎賀みつき(ノーミ役)
007ならではの世界観、アクション。
ここに飛び込めるとは思ってもいなかったので、吹き替えに参加できて光栄でした。
ノーミさんと共に物語を駆け抜けることができて本当に楽しかったです。
ありがとうございました!!

◆山路和弘(エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド役)
え?また?と思った。
007に2度も出る役者は少ないはず。さすがクリストフ•ヴァルツ。
彼の吹替をして随分経つが
彼の芝居、そしてスタンスが、まるで変わらない(そんな気がするだけか?)
吹替をさせて貰うだけで嬉しい。そんな気にさせてくれる彼。
こりゃあ、3度目もあるといいなぁ、、、

◆浪川大輔(ローガン・アッシュ役)
アッシュを演じさせて頂きました浪川大輔です。
歴史ある作品に携わることができ、大変光栄です。
築き上げられてきたメイン達が、言わずもがな超カッコイイ!
アッシュはどう絡んでいくのか!?くせ者であろうと心掛けました。
今回からでも充分楽しめますので、よろしくお願い致します!

◆水樹奈々(パロマ役)
初めて「007」に触れたのは高校生の時。映画好きの先輩に勧められて「ロシアより愛をこめて」を観たのがキッカケで、知的でワイルドなボンドの魅力にハマり、シリーズを追いかけるようになりました。
そんな大好きな作品にまさか日本語吹き替えで参加させていただけるなんて!本当に幸せです!!パロマはキュートでマイペースなキャラクターですが、いざ戦闘モードのスイッチが入ると豹変!ボンドとのアクションシーンは、まさにパロマの心情とシンクロして、めちゃくちゃ気合いを入れて演じさせていただきましたので、みなさんぜひ楽しんでいただければと思います!

◆多田野曜平(ヴァルド・オブルチェフ役)
とても良い役を頂いてありがとうございました、やり甲斐のある役でしたね~流石のワタシも負けそうだよ(笑)
オブルチェフはとても個性的な役なので、それこそ向こうの俳優さんに負けない様、初めに色んなバターンをテストして、時間をかけて役作りをしていきましたね。楽しみにして下さいよ~!
(作品を観て)もう直ぐに引き込まれましたね、そして次から次へと、本作はあのシーンこのシーンに目がくぎ付け!めっちゃ面白いよ!

10月1日(金)全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP