“ダニエル”ボンド、最初で最後の4D・ScreenX上映が決定!『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』有終の美を飾る本作に各界から期待の声が続々到着!

(C) 2021 DANJAQ, LLC AND MGM. ALL RIGHTS RESERVED.
8月27日(金)

全世界待望の「007」シリーズ 25 作目、前作『007 スペクター』から実に 6年の時を経て公開される最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。

007シリーズで初めて4D(MX4D/4DX)、ScreenX上映が決定した。ジェームズ・ボンドが00(ダブルオー)エージェントを引退して静かな暮らしを送るジャマイカから、壮大な景観のノルウェーやスコットランド、MI6の本拠地イギリスはロンドン、世界遺産のイタリアはマテラまで、世界規模に、<空>に<陸>に<海>にダイナミックに繰り広げられるスパイ・アクションを臨場感たっぷりに、本作の醍醐味をまさに全身で体感することができる。
ダニエル・クレイグ最後のジェームズ・ボンドを4Dで観ることができる最初で最後の貴重なチャンス。見逃せない!

さらに、本作へ各界の著名人から期待コメントが続々到着!
井上裕介(NONSTYLE)、関根勤、堀田茜、小堺一機、ジョン・カビラ、芸名がボンド由来の大木凡人ほか、マスコミ業界そして全国の上映劇場からも熱いコメントが到着!
(コメントは「#007待ちきれない」ホームページに順次掲載予定)

◆井上裕介(NONSTYLE)
僕に次いでタキシードがカッコ良く似合う男、ダニエルのジェームズ・ボンド。今回がラストだなんてめちゃくちゃ悲しい。けどラストだからこそ、記憶に、心にしっかり残るよう、目に焼き付けたい

◆関根勤
ダニエル・クレイグのラストジェームズ・ボンド。どんな活躍を見せてくれるのか楽しみ!映画館には体調整えて行きます!

◆堀田茜
待っていました!こんな時だからこそ007が観たかった。息つく暇もない爽快な展開、どんな時も華麗で潔くどこか儚いジェームズ・ボンド、今からとても楽しみです!きっと観た後に恍惚のため息をついてしまうんだろうなぁ。最後のダニエル・クレイグを拝みたいと思います。

◆小堺一機
アクション映画の歴史を変えて半世紀強!追随の映画にその座を渡さないキングオブアクション!テーマ曲を聞くだけでワクワクが止まらない!ダニエル最後の007、待ちきれない!我慢出来ない!ウズウズする!楽しみ!

◆ジョン・カビラ
「影」のあるボンドを演じてきたダニエル・クレイグの最終作。世を救い続けた稀代の伊達男は死線を彷徨う稼業から、身を引いていたのに。今、「死んでいる場合ではない」。最後にまた魅せてくれ。

◆大木凡人(ぼんど)
スクリーンから、一瞬たりとも目が離せない!!007『ノー・ノータイム・トゥ・ダイ』世界が待っていたムービー!主役の「ダニエル・クレイグ」のタフさの中の、クールさ。+(プラス)セクシー美女の登場!待ってました!!

10月1日(金)全国ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP