“ハーフ”と呼ばれる青年2人の、欠けていた半分を満たす出会い・・・『WHOLE/ホール』ポスタービジュアル、場面写真、コメントが解禁!

(C) 078
8月23日(月)

第14回大阪アジアン映画祭 JAPAN CUTS Award受賞『WHOLE』より、ポスタービジュアル、場面写真、脚本・主演の川添ウスマンよりコメントが届いた。

日本のメディアで活躍するポジティブな印象のハーフタレントとは裏腹に、「ハーフ」という言葉をネガティブな意味で受け止め、自らのアイデンティティーに戸惑い、苦しむ若者も存在する。


日本生まれ、日本育ちで日本のパスポートしか持っていない、監督の川添ビイラルと脚本・主演の川添ウスマン兄弟は、日頃からハーフの偏ったイメージに違和感を感じていて、タレントでもない、日本で普通に暮らしているハーフを主人公にした映画を作ることを決意。知り合いの紹介で、同じく日本生まれ、日本育ちのサンディー 海に出会い、春樹役に抜擢した。

純粋な目線で、どこにでも居るハーフの日々の生活を通して、アイデンティティーや日本社会に対する複雑な気持ちを誠実に描いた。多様性を目指す現在の日本社会に語りかける本作は、第14回大阪アジアン映画祭でJAPAN CUTS Award スペシャル・メンションを受賞し、北米最大の日本映画祭であるニューヨークのJAPAN CUTS及びソウル国際映画祭に正式出品された。

■脚本・主演 川添ウスマン コメント

脚本を書こうと思ったのは、日本で暮らすハーフの経験を兄と色々話すなかで、ハーフをテーマにした映画で僕たちの心に刺さる作品はまだないように思ったのがきっかけです。そこで当事者であり、映画づくりをしている僕たちが、映画を通してこの問題に触れるべきだと考えました。
脚本は特に10代後半の僕の経験をベースにしています。当時の僕は建設関係の仕事をしていたので、脚本制作時は尼崎と神戸でもう一度現場の仕事をし、当時を思い出しながら自分のルーツを再確認しに行きました。
ニューヨークのJAPAN CUTSでの上映は最初とても緊張しましたが、劇中のジョークが受けて観客から笑い声が聞こえた時に、ホッとしたのを覚えています。
この映画は僕にとってとてもパーソナルな作品です。脚本を書くにあたり、あらゆる感情を吐き出し、また自分探しをした作品です。
映画を見に来てくださる方には、ぜひ寛大な気持ちでいてもらいたいですし、シンプルに映画を楽しんでもらいたいです。

10月15日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP