9つの映画祭でグランプリ受賞!古川琴音初主演作『春』特報&場面写真&コメントが解禁!

(C)AOI Pro. 
8月16日(月)

京都国際映画祭2018 クリエイターズ・ファクトリーほか9つの映画祭にてグランプリを受賞した他、文化庁メディア芸術祭2019 新人賞(大森歩)、TAMA NEW WAVE ベスト女優賞(古川琴音)も受賞した短編映画『春』が、10月1日(金)よりアップリンク吉祥寺ほかにて、大森歩監督の新作『リッちゃん、健ちゃんの夏。』(出演:武イリヤ 笈川健太)と同時上映される。今回は本作の特報&場面写真&キャストコメントが到着した。


『春』は、3年間祖父と二人暮らしをし、美術大学を卒業し、現在CMなどのディレクターとして活躍する大森監督自身の経験を元に、祖父を介護する美大生の心情を繊細に描いた秀作。認知症が進む祖父に、イライラが募った主人公が思わずしてしまう行動など、監督が過去に抱いたであろう、他人には見せたくないような汚い感情も逃げずに描いたリアリティが、観る者に突き刺さる。

主人公・アミを演じ、初主演を飾ったのは、NHK連続テレビ小説「エール」の主人公夫婦の一人娘役、「コントが始まる」の有村架純の妹役や『泣く子はいねぇが』、『街の上で』などで注目を集める古川琴音。

20年間劇団東京ヴォードヴィルショーの中心メンバーとして活躍し、舞台を中心に活動をしている花王おさむが祖父を、『海辺の映画館-キネマの玉手箱』(監督:大林宣彦)で被曝ピアノを演奏した加藤才紀子がアミのアニメオタクの同級生・橋本を演じている。

橋本役 加藤才紀子コメント

橋本さんは明確な将来の夢に向かって、自分の世界をどんどん構築している人で、学校内では一人浮いています。
正直、学生時代の自分とは正反対で、色んな現実に流されやすかったこともあり、台本をいただいたときには「橋本さん、強いなぁ」という印象を抱きました。
そんな彼女の中にある内に秘めた闘志を大切に、
彼女が作ったオリジナルキャラクターたちの物語を膨らませながら演じました。
撮影自体は短い時間ではありましたが、アミさんと橋本さん、2人なりの関係性が生まれたシーンは印象深く残っています。
様々な映画祭を回ってきたこの作品が劇場で上映されることを大変嬉しく思います。是非スクリーンでご覧ください。

『春』特報

10月1日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP