9つの映画祭でグランプリ受賞!古川琴音初主演作『春』 公開日&ポスタービジュアル解禁!

(C)AOI Pro.
7月4日(日)

京都国際映画祭2018 クリエイターズ・ファクトリーほか9つの映画祭にてグランプリを受賞した他、文化庁メディア芸術祭2019 新人賞(大森歩)、TAMA NEW WAVE ベスト女優賞(古川琴音)も受賞した短編映画『春』が、10月1日(金)よりアップリンク吉祥寺ほかにて、大森歩監督の新作『リッちゃん、健ちゃんの夏。』(出演:武イリヤ 笈川健太)と同時上映されることが決定、ポスタービジュアルと古川琴音・花王おさむよりコメントが届いた。

『春』は、3年間祖父と二人暮らしをし、美術大学を卒業し、現在CMなどのディレクターとして活躍する大森監督自身の経験を元に、祖父を介護する美大生の心情を繊細に描いた秀作。認知症が進む祖父に、イライラが募った主人公が思わずしてしまう行動など、監督が過去に抱いたであろう、他人には見せたくないような汚い感情も逃げずに描いたリアリティが、観る者に突き刺さる。


主人公・アミを演じ、初主演を飾ったのは、NHK連続テレビ小説「エール」の主人公夫婦の一人娘役、「コントが始まる」の有村架純の妹役や『泣く子はいねぇが』、『街の上で』などで注目を集める古川琴音。

20年間劇団東京ヴォードヴィルショーの中心メンバーとして活躍し、舞台を中心に活動をしている花王おさむが祖父を、『海辺の映画館-キネマの玉手箱』(監督:大林宣彦)で被曝ピアノを演奏した加藤才紀子がアミのアニメオタクの同級生・橋本を演じている。

■アミ役:古川琴音コメント
本作は私にとっての初主演映画になります。
今から約3年前、この仕事をまさに始めたばかりというタイミングで頂いたお仕事でした。
主演のプレッシャーを感じようにも感じられない、ただやってみるしかない!という怖いもの知らずの状態でお芝居していたように思います。
3日間の短い撮影期間でしたが、暗中模索していたのでもっと長く撮っていたようにも感じます。そんな中で拠り所となったのが、大森監督のおじいさんへの想いでした。
撮影中に度々、監督からおじいさんのお話を聞くことがありました。
本人に直接言えなかった気持ちがこの物語にたくさん詰まっていることが分かり、私自身もこの作品を大切に思い、慎重になれたように思います。
楽しんでご鑑賞ください。ありがとうございます。

■ジィちゃん役:花王おさむコメント
上映決定、おめでとうございます。
私は、舞台の仕事が多いので、どうしても芝居をしようとしてしまいます。
大森監督には「芝居をしようとしないように」と言われ、どうしたら…と思っていましたが、撮影が3日間だけで、あれよあれよという間に撮ってくれたので、ああしよう、こうしようと考える暇もなく、それが逆に良かったのかもしれません。
孫役の古川琴音さんの自然な演技に、教えられることが多かったです。

10月1日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP