古田新太、ヒステリーで不器用な男を怪演。『空白』緊張と緩和の入り混じる撮影現場よりメイキング映像到着!!

(C)2021『空白』製作委員会
6月25日(金)

主演・古田新太、共演・松坂桃李の映画『空白』より、撮影現場よりメイキング映像が到着した。

本作は、第43回日本アカデミー賞三冠を獲得した『新聞記者』(19)、現実の祖父母殺人事件にインスパイアされた『MOTHER マザー』(20)、その他、『ヤクザと家族』(21)など、意欲的・挑戦的なテーマの作品を次々と生み出しているスターサンズ・河村光庸プロデューサーが企画、『ヒメアノ〜ル』(16)、『愛しのアイリーン』(18)、『BLUE/ブルー』(21)など衝撃とともにその才能を見せつけた𠮷田恵輔とタッグを組み、現代の「罪」と「偽り」、そして「赦し」を映し出すオリジナル脚本で日本映画史に残るであろう感動のラストシーンは、𠮷田監督史上最高傑作との呼び声が高い作品に仕上がっている。

漁師としての腕はいいが人生に対して不器用な男・添田充(古田新太)が、或る日突然1人娘の花音(伊東蒼)を失い、唯一の目撃者であるスーパーの店長・青柳直人(松坂桃李)の神経がすり減るほどに追い詰め、被害者の家族である自分が加害者になるまで、周囲の人間を巻き込んでいってしまうシーンが、緊張感漂う現場で日夜撮影されていた。今回は、メインロケ地でもある愛知県の蒲郡市の多大な協力もあり無事に撮影が完了。充の元妻・松本翔子(田畑智子)、充の弟子として一番近くで充に寄り添う野木龍馬(藤原季節)、花音の担任教師・今井若菜(趣里)、事故加害者の母親・緑(片岡礼子)、そして青柳を最後まで擁護するスーパーの店員・草加部麻子(寺島しのぶ)といった錚々たる顔触れが、現場でぶつかり合い、異様な熱量の高さが感じられる現場が垣間見れる。また、古田新太本人の撮影当時のインタビューでは、この映画の見どころは「真相を暴くサスペンスではない」といった本作の見どころなどにも触れている。

『空白』メイキング映像

9月23日(木・祝)全国公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP