『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』最新のジェームズ・ボンド絵柄が解禁!

3月2日(月)

全世界待望の「007」シリーズ25作目で、前作『007 スペクター』から実に5年ぶり最新作となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』。公開に先駆けてIMAX(R)日本版のポスター絵柄が解禁された。今までの絵柄とは異なり、ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)がバイクにまたがり、現在公開されている予告編にもある本作の見所の一つイタリア南部の都市、世界遺産マテーラで撮影された大迫力のアクションシーンのよう。

本作は、キャリー・ジョージ・フクナガ監督、アカデミー賞(R)撮影賞受賞のリヌス・サンドグレン(『ラ・ラ・ランド』)により『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の様々なシーンを70mm/15パーフォレーションのフィルムを使用するIMAX(R)フィルムカメラで撮影。超高解像度のIMAX(R)フィルムカメラで撮影された息を呑むような映像はIMAX(R)シアターでのみ体感できる。さらに、本作品はIMAX社が特許を有するIMAX DMR(R)(デジタル リマスタリング)加工により映像とサウンドの高品質化を経て、プレイバックされるイメージを細部まで信じられないほどシャープかつクリア、鮮やかで明るく、コントラストを深く仕上げることによりIMAX(R)シアター鑑賞者を作品の世界へ引き込む。

4月10日(金)全国公開

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP