007ファンにメリーQリスマス!ちょっぴり拗ねた口調も可愛い!ボンドとの関係をQが解説しちゃう特別映像解禁!

12月25日(水)

前作『007 スペクター』から実に5年ぶりのシリーズ最新作となる『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』より、ベン・ウィショーが演じるQがボンドとの関係を解説する映像が到着した!

QはMI6(英国諜報部)秘密兵器開発担当主任として時に振り回されながらもボンドを健気に支える本作に欠かせない存在で、ボンドとQのやり取りがファンの間で人気の1つ!そんなQが自身のデスクで「僕とボンドの関係は複雑だ。」と悩まし気な表情で語り始めるのだが、本編では現役を退いたはずのボンドがMI6の仲間であるマネーペニーとともにQを訪れ、「生きていたのか。」と再会を喜ぶシーンが収められている。

一見仲良さげに見えるが、過去に敵に狙われたボンドが『007 スカイフォール』でアストンマーチンDB5をハチの巣にしてしまったり、『007 スペクター』でQ課から改造を施したアストンマーチンDB10を無断で持ち出してローマへ行った挙句に水没させたことを忘れないかのように「軽いノリもたまにはいいがもっと慎重になって欲しい。いつも彼に振り回される。どこまでも命知らずだ。」と苦い表情で不満を吐露。

そんなQの心情を表すかのようにボンドが本編で橋から飛び降りるシーンが流れ、ボンドの命知らずなダイナミックなアクションが本作でも見られることに期待がかかる映像に仕上がっている!

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』Qの特別映像

「初の金髪ジェームズ・ボンド」としてキャスティングされたダニエル・クレイグ。本作は彼にとって5作目であり「最後のボンド」になるかもしれないと海外で報道され、続報に熱い視線が向けられる中、先立って全世界一斉で最新予告が解禁されると、「 たぶんクレイグ最後の超絶かっけーボンド! これは期待…!」「妖艶なアナデアルマスに悪役のラミマレックが参戦した007、楽しみすぎる。」「次の007レア・セドゥまた出るのやったー」「007新作でもQちゃんのかわいさは相変わらずで楽しみ」といった引退が囁かれるダニエル・クレイグが演じるボンドや、シリーズでお馴染みのキャラクターや、新キャラの登場を楽しみにするファンたちからの期待に満ちたコメントが寄せられている。

2020年4月10日(金)ロードショー

ShareSNSでシェアしよう!

作品紹介

関連するシネマNEWS

TOP